日本警察は大丈夫か?

連日、警察の失態が報道されており、かねてより疑問に思っていたことを綴ることにする。

紀州犬の射殺に13発

14日、千葉県松戸市で警官が犬を射殺した件では警官の事前準備と射撃能力が疑われる。犬に13発を命中させたわけではなく、3人の警官が犬を射殺するまでに13発を要したということが問題であろう。

警官らは13日から飼い主の男性の協力を得て捕獲を試みようとしたようだ。犬を発見後、左腕に手ぬぐいを巻き噛みつかせようとした飼い主の行動は正しかったが、これが失敗した。よって警官が犬を射殺するという判断を下したようだが、時間帯が良くなかった。日本の警察官が携行している拳銃は銃身2インチ以下の回転拳銃で、夜間には照準がまったく見えない。私は4インチの38口径の実弾射撃の経験しているが、これがまた当たらなかった。44マグナムの方が反動が大きいが銃身が重いためか、的を捉えていた。精度が高くもない銃で、照準も見えず、人よりも小さく素早い目標に銃弾を命中させることが困難であったことは想定できる。

しかし、住宅街で2名の警官が弾倉を空にするまで発砲するという事態は、警察の信用を失墜させるものだ。千葉県警は「拳銃の使用は適正だった」と発表しているが、捕物が人間ではなく犬と事前に情報を得ていたのにも関わらず、現場の人員に通常対応をさせたことは適正ではなかったと私は考える。また、拳銃の照門、照星に夜光塗料を塗布する、拳銃を保持しながら照射できるフラッシュライトを配備、貸与するなど、夜間の射撃に必要な対策が必要であろう。


被疑者を逃がす、埼玉県警

13日、埼玉県警が任意聴取していたペルー人の逃走を許し、後に6人もの殺害が判明したうえに被疑者は意識不明という最悪の事態が報道されている。任意聴取中に拘束する事由はなかったというが、警察での聴取が引き金となった可能性は捨てきれない。だいたい、対象者に煙草を吸わせるのに玄関まで行く必要があるのか?熊谷署内は完全禁煙で拘束中の人間にも外で煙草を吸わせているとでもいうのか?「意味不明なことを言っている」という通報を受けたならば薬物中毒や精神疾患を疑い、慎重に扱うべきであり、煙草のような嗜好品の摂取もさせるべきではなかっただろう。

埼玉県警には不祥事が多い。10000人もいればトラブルも起こるだろうが、許されることではない。襟を正していただきたいものだ。


特殊銃の扱いが?栃木県警

今年3月、栃木県警の年頭視閲式の写真を雑誌で見た際、特殊銃の扱いに違和感を覚えた。

2015年栃木県警年頭視閲MP5
Gun Professionals 2015年9月号105項 小堀ダイスケ氏 撮影の写真より

HK社のMP5Fに光学照準器とフラッシュライト。申し分のない装備だが、負い紐(スリング)が首にかかっているのが謎である。他の銃器対策班などは負い紐を肩に通しており、このように首だけにかけるような部隊は初めて見た。各々の部隊の運用方法というものがあるのだろうが、もし仮にこの状態で不意に犯人に遭遇し揉み合った場合、負い紐で首を絞められる可能性がある。これでは新型のアーマーのネックガードも意味をなさない。
また、右側に防弾装備を着装していない班を並ばせていることが問題だ。銃口は例え弾薬を装填していなくとも、味方に向けてはならない。栃木県警の年頭視閲式では特殊銃を装備した部隊が最右翼に配置されるため、控え銃の際銃口が隣接する人員の頭に向いてしまう。対策として、特殊銃を装備した部隊は他の部隊と離れ単独で列をつくるか、千葉県警のように特殊銃は背負ったまま、常に銃口は上に向くようにするなどがある。


ハイマウント過ぎる特殊銃

対テロ訓練のたびに失望させられるのが、このハイマウント過ぎる特殊銃である。

尼崎西宮芦屋港テロ対策合同訓練MP5
Strike And Tactical 2015年5月号 64項 大塚正諭氏 撮影の写真より

これは今年2月に兵庫県で行われた3港合同の対テロ訓練の様子を撮影したものであるが、警察が使用するMP5に違和感を覚えた。ハイマウントにさらにハイマウントを重ねて照準器を装着するという奇妙な銃だからだ。

これには理由があり、ヘルメットの防弾バイザーが銃のストック部に当たって照準を覗くことができないからだ。しかし、ここまで照準を高くした銃を日本警察の装備以外で見たことがない。照準が銃身から離れるほど視差が生じ、遮蔽物からの射撃では照準を覗くため頭部を敵方に晒しやすい。マウントが2重になっているため、双方の締めがゆるいと照準が狂ってくるなど、デメリットが多い。欧州ではこの問題を解決するため、ブルガー&トーメ社のバイザーヘルメットストック(visor helmet stock)というバイザーが干渉しないストックを装着している部隊がある。

残念ながら、7月に行われた国会議事堂内での対テロ訓練でもこのような特殊銃が使われていた。公にされていないより先進的な装備が配備されているとは思うが、このような奇妙な銃を公にはしないでほしかったものだ。

願わくばこの記事が警察関係者の目にとまり、警察内の運用を再考されんことを。

首相官邸へのドローンの意図 - 極左組織の手口に似る

22日、首相官邸屋上で不審物を積載した小型マルチコプターが発見されたと報道された。
関連ははっきりしないが同日には鹿児島地裁が川内原発の再稼働差し止め訴訟を却下したという報道もあった。官公庁施設に時限装置付きの物体を投入するという手口は極左組織の常套手段であり、実行犯らは以前から集会や機関紙で川内原発の件を取り上げていた可能性がある。

25日、実行犯の福井県在住40歳の男が自首した。9日に実行したという。

意図せず警備の杜撰さを曝した警視庁は、交通整理に重点を置いた警備体制を見直すべきだ。街宣対策に傾倒し過ぎている。官邸警備隊は施設巡回の励行、動体検知カメラシステムの導入をしていれば今回のような醜態を曝すことはなかっただろう。

当ブログには無人航空機の情報を求めるアクセスがしばしばあるが、無人航空機の不正利用が目的と考えられるアクセスについては精査の上、適正な処置をとらせてもらう。

イスラム国義勇兵志願学生 - 元大学教授は反アサド派に従軍

北海道大学休学中の26歳の学生が私戦予備の疑いで事情聴取された事件で、元大学教授の存在が報道されている。
この元大学教授という現会社経営の人物は、2013年にシリアで反アサド派に従軍していたことを公言していた。大学での講演会などを通じ、日本人義勇兵をリクルートしていた可能性がある。

現在報道されているだけでも26歳休学中の学生と23歳の元アルバイトと、軍事経験を持たない者を現地入りさせようとしたようだ。自殺志望者や、親にシリア入りを話しているようなアルバイトが戦場で使い物になるわけがないが、このような国内の動きには監視が必要となるだろう。

追記
7日、シリアでイスラム国とは別組織の戦闘行動に参加した26歳の人物が取材を受け報道されたようだ。
先の人物らとは違い、旧陸上自衛隊少年工科学校(現陸上自衛隊高等工科学校)の経歴を持っており、ある程度射撃や語学の基礎ができていたことがうかがえる。再度シリア入りは考えていないということだが、今後日本での生活は制約を受ける可能性があることを自覚してもらいたいものだ。

人工地震論者の妄想へコメント

この数日、当ブログにアクセスが集中していたようだが、どうやら2011年の東日本大震災を人工地震と論じている者が再度当ブログを取り上げたようだ。以下は該当の人物のブログであり、更新日時とアクセスログが一致する。

 http://ameblo.jp/haruramu/entry-11933516571.html

私の任務は一般私人として官公庁を補佐することであり、軍事、捕鯨問題は趣味である。
山歩きも趣味の一つであり、事件事故に何度も立ち会っている。
震災をネタにデマや妄想を拡散しようとする者があれば趣味の一環として当ブログで扱うだけなので、ぜひともネタを提供し続けてもらいたいものだ。

シリアの邦人拘束について - 軍事経験を持つ者ではない

シリアで ユカワ ハルナ を名乗る日本人男性が武装組織 イスラーム国(ISIS) に拘束されたとの報道があったが、この人物について私見を綴る。

民間軍事会社の概念を間違っている

この人物はピーエムシー株式会社(PMC Co.,Ltd.)という会社の経営者ということだが、民間軍事会社というのはこのような生半可な組織ではない。欧米の民間軍事会社は正規軍と密接な関係を持っており、人員も特殊部隊経験者など兵役経験者がヘッドハンティングされている。国防関係者や財界の人間が出資し、兵站も豊富で正規軍を補助する役割を持っている。ピーエムシー㈱にはそのようなバックボーンが認められず、資本金が300万円程度とお話にならない。事務所の位置や所属団体から輸入代理業を営んでいた者が私的に設立したかのような印象だ。そもそも民間軍事会社は PMC などというあからさまな名を語らない。


射撃が未熟である

本人はカラシニコフ小銃の射撃を動画でインターネット上に掲載しているが、射撃には慣れていないようだ。中東で活動している民間軍事会社の任務はコンボイの護衛や施設の警備であり、事前にトレーニングを受ける。その内容は凄まじく、車輌を放棄しての離脱、アンブッシュに対するカウンターなど非常に高度なものである。小銃の射撃はできて当たり前で、半自動から全自動への切り替えに手間取るようでは警備など任せられたものではない。なんらかのコネを掴み現地入りしたことが考えられるが、軍事経験を持つ人物のようには見えない。銃とカメラを持ち、このような姿を公にし戦地に入れば、たちまち存在をリークされ襲撃の対象となってしまうだろう。


傭兵をやるということ

国同士の戦争では一定のルールが適用されるが、正規軍ではない傭兵や義勇兵には条約は適応されないうえ、紛争においては法規など存在しない。現地の者からすれば、外国からわざわざやってきて敵対行動を起こす者など憎悪の対象だ。敵方に拘束されれば待っているのは拷問や公開処刑だ。戦地へ赴く者は自分で始末をつける覚悟を持つことだ。

世に言う民間軍事会社とは、兵役経験者が政府の支援を受けて設けた巨大な多国籍企業だ。軍事経験のない者がブラックウォーター(現アカデミ)やエクゼクティヴアウトカムズのようなイメージに憧れて戦地に赴いてはならない。「カメラマン」「ジャーナリスト」「日本人」という肩書は戦地では免罪符とならないことを、同じような考えを持っている人には覚えておいてもらいたいものだ。


19日追記

月刊アームズ2001年10月
月刊アームズ・マガジン2001年10月号222項より
どうやら見覚えのある輸入販売店の経営者であった可能性があるようだ。
米軍や露軍の放出品、光学照準メーカーの Aimpoint や LEUPOLD、軍装メーカーの BLACK HAWK! や EAGLE などの輸入商品の他、エアソフトガン用の金属部品を扱っていた。航空自衛隊のPX向け商品を納品していたのかもしれないが……、民間軍事会社を経営できるような人材ではない。

AKB48 握手会警備上の問題 - テントを使う危険性

25日、岩手県で行われていたアイドルグループのイベントにおいて、男がアイドルおよびスタッフを負傷させたとの報道があった。一部情報が錯綜しているが、セキュリティ上に問題があったことを指摘する。

会場内に凶器を持ちこませてはならない

報道では手荷物検査はランダムに行われていた となっている。これは問題である。私は今月2度無料入場可能なイベント会場を訪れているが、いずれも入場者全員の手荷物検査を行っている。入場前にバッグなどの中をセキュリティ要員に見せなければ入場できない仕組みだった。また、液体の持ち込みを完全に禁止しているイベントもあった。劇薬、爆薬、燃料などを会場に持ち込ませないためだ。

報道では長さ約50センチメートルのノコギリ となっているが、一部でワイヤー・ソーと発信されている。ワイヤー・ソーでは身体に秘匿されると発見が難しいが、秘匿物を取り出す際には必ず挙動が表れる。今回のイベントではその挙動の発見を遅らせてしまう要因があったように思う。


仮設テントの危険性

このイベントでは室内に仮設テントを設置し、テント内で複数のアイドルと交流できるものであったようだ。テントには側幕が張られており、問題があったように思う。テントに側幕を張ってしまうことの問題点は以下の通り。

・テント内でのトラブル発生時に警護対象を迅速に退避させることができない。
・火事や地震、群衆パニックなどの非常時には周囲の異常の察知が遅れる。
・テントが倒壊した場合、警護対象が退避できず負傷する危険性がある。
・施設内設置の防犯カメラが抑止力を失い、証拠能力もなくなる。

側幕を張った仮設テント内では周囲の視界が完全に遮られ危険となる。このようなテントをいくつも隣接させて群衆を呼び込むことを私は推奨しない。過去のイベントにおいてもアイドルの四方を机で遮るような配置がされていることもあったようで、警護対象となるアイドルの緊急時の避難スペースが確保されていないことが問題であったと思う。


身辺警護に特化した要員の配置を

テント内には複数のスタッフと警備要員がいたと報道されているが、男を制圧するまでに時間がかかりすぎているのではないか。身辺警護に心得があるものならば、不審な挙動を視認した段階で警護対象の間に割って入る。それができなければ警護対象であるアイドルを突き飛ばしてでも引き離す。仮設テント内という限られたスペースではそれも難しくなり、配慮が欠けていたと思わざるを得ない。このイベントは雑踏警備に傾倒しすぎていたのではないか。雑踏警備と身辺警備は別のものであると考えてもらいたい。


イベント主催者は今一度、警備体制について考え直していただきたい。男の卑劣な行いに怒りを覚えているのは私も同じだ。

警戒すべき豪州との安全保障協力

7日、オーストラリア首相が来日し安全保障協力について確認するとのことだが、オーストラリアは警戒すべき相手であると警告する。

捕鯨問題とは別になるが、豪州は今日までシーシェパードに対する実効措置を施していない。ラッド政権下では中国との連携を強めており、装備の共同開発を行うことはリスクがあると考えるべきだ。

サム・サイモンとオーストラリア国立海事博物館

気象庁が運用していた清風丸はシーシェパードの船舶として利用された。気象庁も国交省もこの船の行方をしっかり追っておかなければならなかった。

kaikomaruno8_samsimon.jpg

清風丸の改修を請け負った豪州企業。なお、2012年10月、船舶の改修前にゴールドコースト沖で油を流失させた疑いがもたれている。

サムサイモンとビクトリア州消防局

シーシェパードの人員に消防訓練を施すビクトリア州消防局。放水技術は調査捕鯨の妨害にも役立てたのだろうか。


AFP Vs SSCS Training Exercise copy

Tasmania police SOG

シーシェパードの船舶で訓練を行うタスマニア州警察特殊作戦群。
小火器に該当するスパッドガンの製造を行った集団と法執行機関の癒着は問題ではないのか。

豪州は潜水艦の新造のため、日本の海上自衛隊の潜水艦技術に興味を示しているようだが、シーシェパードに対しなんら実効的処置を施さなかったことは安全保障上信用に値しない。技術の流出も懸念される。

日本側はこうした事実を考慮し、強い態度で首脳会談に臨む必要がある。

マラチオン混入は環境を疑う

マルハニチロホールディングス子会社アクリフーズ製造の冷凍食品に農薬が混入していたという報道が目立つ。群馬県警が捜査に入ったことで事件性があるかのような報道がされているが、これには疑問がある。


疑うべきは周辺の環境と工場の管理体制

マラチオンはマラソン剤として一般的な農薬であり、ウンカ、カメムシ、アブラムシ、ハダニなどの害虫駆除に使われる。農作物にはもちろん、植木にも使われる。

アクリフーズ群馬工場周辺を google マップの航空写真で見てみたが、近隣に水田や他の工場がある。水田や周辺工場敷地内の植生の害虫駆除でマラソン剤が散布された可能性がある。特に昨年はカメムシやハダニが大量に発生しており、農薬の散布量も増していたことが考えられよう。混入が確認された製品の製造日は10月のものだったというが、10月はまだ残暑による害虫の駆除が行われている時期ではないか。

梱包の段階で混入した可能性が高いということだが、梱包室、あるいは梱包材が外気と遮断されていないようであれば、この段階でマラソン剤が混入した可能性があるのではないか。梱包室の換気は行われていたのか?梱包材はどこで保管されていたのか?マラソン乳液が付着した製品が冷凍保存され、水分が昇華すれば、マラソン乳液はマラチオンとして残留するだろう。


犯人捜しに注力するのではなく

こうした点を考えずに捜査だけで済まされたのでは、来年もまた同じことが起こる可能性がある。関係者は工場の管理体制や周辺の環境についても考えてみてはどうか。

北朝鮮船舶の積荷はFCS

17日、「北朝鮮船舶からミサイル」という報道を耳にしたため調べてみた。
メディアはプリンカップ状の物体を映しているが、これはミサイルの弾頭ではない。
旧ソ連製地対空ミサイルC-75(NATOコード:SA-2 ガイドライン)の射撃管制装置の一部、
CHP-75(NATOコード:SNR-75 ファンソング)の P-11 レーダー部だ。

SNR75fansong
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Fan_Song_fire_control_radar_of_the_SA-2_SAM-system.JPEG より
SNR-75 の後面を撮影した画像。左側の板状レーダー部が該当部位。
影になっているがプリン状の形状が確認できる。

このレーダーは60~75km の飛行物体を探知し、UHFビームの照射でミサイルを誘導する。
最大6目標を同時追尾可能だが、交戦可能なのは1目標のみ。


mig21
http://en.wikipedia.org/wiki/File:FAR-MiG-21bisLAZUR%28DN-ST-97-00882%29.jpg より
他にも MiG-21 が積載されていたと報道されているが・・・・・・

キューバも北朝鮮も旧ソ連軍の兵器を現在も運用している。
互いに有用な兵器の部品をトレードをしていたとしても不思議ではない。

愛知県警 SIT に苦言を呈す

16日、愛知県稲沢市で発生した事件の犯人確保までをテレビで見ていたが、

ライトと音響で男の行動を制止しようとした点は評価する。
しかし、確保に至るまで時間がかかりすぎている。ましてや発砲までしてしまったことは、初動に問題があったのではないか。

ANN の映像が最も状況がわかりやすい。



 ANN News チャンネル
 http://www.youtube.com/watch?v=4LZumZkM1JM より


第一に、高輝度ライトの照射が遅れている。
映像では男が先に照らされたライトに反応し立ち上がっているのがわかる。
音響弾の音の後には男は女の背中を掴んでしまっている。

第二に、捜査員が接触するまでに時間がかかりすぎている。
男の視界と聴覚を奪ったはいいが、男は40秒も女を引きずり、危険な状況にあったと言える。
ライトの照射と音響による威嚇で、制圧要員の接近が秘匿できたはずだ。直後に捜査員が接近し対象者を引き離すべきだったのではないか。

別の報道では「撃て、撃っていい」という音声を確認できたが、これは望ましいことではない。
「撃つ」という言葉を耳にした対象者が逆上して行動を起こすきっかけになりかねないからだ。
発砲が想定される状況なら、事前に発砲を許可する隠語を決めておいても良かっただろう。
また、屋根のような傾斜がついた場所での威嚇射撃、跳弾は対象者のみならず、同階層にいた者に被害をもたらす可能性があっただろう。

足場が不安定な場所でライオットシールドや刺又を使ったことも疑問だ。
シールドも刺又も両手で扱わなければならず、屋根のような場所で使うのは不適だったのではないだろうか。
映像では盾の要員が何度も盾を持ち直す仕草をしており、男は刺又を右手で掴み、左手の穴あき包丁で抵抗を試みている。刺又はその形状から掴まれることが多く、捜査員、対象者諸共転落という事態にもなりかねなかっただろう。
男が抵抗を止めた直後に捜査員がシールドも刺又も手放していることからも、これら器材が捜査員の行動を制限していたことが窺える。片手で扱えるシールドや、刺又より扱いやすい杖を携行させても良かったのではないか。


以上が映像を見て思い当たったことだ。
苦言を呈したが、ライトや音響弾を使った非致死の制圧は評価できる。
愛知県警には多様化する犯罪に対応できるよう努めてもらいたい。

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード