不況とサメ

CNNが「不況でサメの被害が激減した」と報じている。

不況により人々が海でのレジャーを控えるようになり、サメとの遭遇率が低くなったためだとされている。
中でもサーファーの被害が過半数であったとなっている。

なぜサーファーなのか?

・表層を漂う動物を捕食するサメは大型種が多い。
・遊泳者やダイバーと違い大型種が自由に行き来できる辺りにいる。
・サーファーはダイバーと違い水中を視認できないため避難が遅れる。
・サーファーは必ずバディを組むダイバーと違い単独になり襲われやすい。

これらの点からサーファーの被害が大きくなっているのではないか。
ボク自身サーフィン中にサメのヒレを見ることはあった。
「ああ、シュモクの子供だな」「アオザメか?」程度の認識だった。
以後見知らぬ土地でサーフィンをするのであれば、気をつけたいものだ。
良い波なのに誰もサーフしていない。そこには何かいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード