最悪でも道連れ

6日赤松農林水産相が6月の国際捕鯨委員会IWC総会で、日本沿岸でのミンククジラの商業捕鯨再開を条件に南極海での調査捕鯨を見直す提案を行うと発表したようだが、これは危険である。例えIWCで提案が受け入れられたとしても、シーシェパードの広報材料になるだけだからだ。ヒッピー集団のシーシェパードを完全に潰すまでは一切の譲歩をすべきではない。調査捕鯨中止の最低条件はペテン集団シーシェパードの主要メンバーの法的拘束と活動の停止だ。シーシェパードが活動を続ける限り、捕鯨問題も進展しない。

なぜならペテン師ポール・ワトソンは調査捕鯨の縮小および中止を「我々の活動の賜物」とするからだ。あのペテン師は30年間そうやってきた。クジラの次は勝利が確定しているマグロだ。その次は本格的にサメに乗り出すだろう。寄付金は目立つシーシェパードにしか集まらない。捕鯨を止めさせたという実績を絶対につけさせてはならない。

ではどうすべきか。調査捕鯨中止の絶対条件はヒッピー集団シーシェパードの壊滅。シーシェパードの資金繰りを苦しくしてやること。いかなる寄付も応援の言葉もクジラのためにはならないと知ってもらうことである。ペテン師ポール・ワトソンがこれまで接近しているのは裕福だが海に疎い人々である。シーシェパードを支援しているという有名人のほとんどは海にかかわりがない。だから物事を理解できずに多額の寄付をする。好意的な言葉をたった一言寄せるだけで絶大な支援となる。海外の人々にあのヒッピー集団を監視し排斥してもらうためには、人種差別問題を持ち出さないこと。右翼、左翼など思想上の対立をしないこと。シーシェパードの正体は自己顕示欲の塊であるカナダ人の創立者が同志を募って勝手に海上で撮影をしているだけのヒッピー集団である。それだけで国際対立が起こってしまう現状は異常である。

ボクがシーシェパードの壊滅を望んでいるのはボクがクジラを食うからではない。シーシェパードが何億という人々を煽って互いに憎悪させている現状が許せない。日本にも調査捕鯨を望まない人々が多くいる。ならば日本人で解決すべきだ。国家同士で対話すべきだ。ヒッピー集団には退場いただこうではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>日本にも調査捕鯨を望まない人々が多くいる。ならば日本人で解決すべきだ。
おっしゃるとおりだと思います。
>相手国を罵れば協力は得られない。
>歴史や他の問題と同列に比較すればきりがない。
>鯨類の生態については科学的な結論は得られていない。
これも言われてみればそのとおりですね。

このたび当方で、沖縄辺野古への米軍基地移設と南極海での調査捕鯨について、日米両政府に中止を求める署名を始めました。
「いっせいのせ」でやめよう!! 辺野古移設と調査捕鯨!!
http://www.shomei.tv/project-1460.html
"Stop Henoko Relocation & Research Whaling"
http://www.thepetitionsite.com/1/protect-dugongs-and-whales
(拙HPの案内・賛同者一覧)
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/dandw.htm
調査捕鯨船団とシー・シェパードのように、価値観の押し付けと暴力の応酬に終始するのではなく、お互いに譲り合うことを呼びかけ、日本と英語圏双方の市民に幅広い協賛を得ることを目指しています。沿岸捕鯨については不問としております。
賛同人には、米国から作家兼文学者ロバート・シーゲル氏、日本からは著名な動物学者の女子栄養大学名誉教授・小原秀雄氏に手を挙げていただきました。
よろしければご協力をいただければ幸いです。

(イタイ人の投稿でこちらまで火の粉が飛んできてしまい、申し訳ありません)

ネコ様

ネコ様、かねてよりクジラ・クリッピングを読ませて頂いておりました。「クジラを食べたかったネコ」にも感銘を受けました。

しかし、解剖することで生物を理解し、銃を手にすることで生態系の乱れを修整できると考えている私の名を署名として連ねることはできません。

シーシェパードや調査捕鯨の改革は急務だと考えています。これらについて情報交換ができたらと思います。

捕鯨が環境問題である、というのは完全な嘘です。

南極の鯨は持続利用可能な食料資源です。
それをまるで環境問題の如く喧伝して「畜肉は今まで通り食って良し」と仰るkkneko氏はクジラさんへの偏愛↓故にネット上に嘘を撒き散らしておられます。

『 ミンククジラのクレアは15歳、“豊饒の海”南氷洋で双子を育てるのに一生懸命なお母さん。~)
http://chikyu-to-umi.com/kkneko/nvl/novel.htm

kkneko氏が如何に疑似科学を振りかざし、自分が守りたいだけのクジラの為に大嘘を書いているかは↓で事細かに解説しております。

http://blogs.yahoo.co.jp/toripan1111/8888372.html ~から

http://blogs.yahoo.co.jp/toripan1111/8913473.html

までの10記事分でkkneko氏の戯言「鯨肉は環境負荷最悪の食品」を完全に粉砕しております。

私に一切反論出来なくなったkkneko氏は「名誉毀損でtoripanを訴える!!」と息巻いておられましたが、未だに訴状が届きません・・・どうなってるんでしょうか?w

http://blogs.yahoo.co.jp/toripan1111/archive/2010/3/10
ついでにkkneko氏の出鱈目の一例を御紹介しましょう♪

> FAO報告の指摘するように、畜産による環境問題の解決が遅々として進まない原因は、コストその他のオルタナティブ畜産の側の問題ではなく、「政治」です。
~政治の話ですから、日本の公海調査捕鯨をさっさとお開きにして市民運動のリソースをそちらに振り向けることこそが、畜産環境問題への取り組みを飛躍的に進める最も合理的な解決策のひとつであることはいうまでもありません。

ハイ、恐らく反捕鯨ちゃんの言い草の中でも最も醜い、アタマの悪い言い逃れがコレ↑ですね♪

FAO報告書が「環境への最大の脅威」と銘打ってまで警告してる、畜産の問題の解決が政治的な理由で遅々として進まないのであれば、何をさて置きその事を大々的にとりあげなければならないのは 『 ア タ リ マ エ の 事 』 ですよ?

ところが何故か貴方達反捕鯨さん達は、そこで貴方が言ってるように

・「日本の調査捕鯨を終わらせてからじゃないと畜産の問題が解決出来ない」
・「それからじゃないと畜産の問題ににリソースを回せない」

と仰います・・・w

南氷洋に数十万等は生息するクロミンクから、年に高々1000頭程度も捕獲しない調査捕鯨を、たった今すぐ解決しなければならない重篤な環境問題の如く大騒ぎして、本当に深刻な畜産の問題は隠そう隠そうとなさいます・・・w


「捕鯨問題を解決した後からじゃないと畜産の問題解決にリソースが回せない、だから解決出来ない」というのは喩えて言うなら

「一重瞼が気になって仕方ないから、肺癌の手術は後回しにしてまずは美容整形にお金を使う、だから肺癌の手術は出来ない」

とのたまうかの如き図抜けた「 寝 言 」ですね♪

http://blogs.yahoo.co.jp/toripan1111/8908412.html
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード