マグロからの脱却、ただしシーシェパードは潰せ

ペテン集団シーシェパードがマルタでのマグロキャンペーンを行うのは3月に行われる第15回ワシントン条約締結国会議に併せたものだろう。クロマグロが条約の対象となれば、ヒッピー集団シーシェパードは大手を振って密猟者狩りを行える。密漁の背景には日本がいると騒ぎ立てるこれまでと同じ手腕であろう。ならなければ日本に肩入れする国家の陰謀と吠えてまわるだろう。

マグロが食卓からなくなると日本のメディアは危惧しているが、世界中のマグロが日本に流れてくる現状こそ異常である。餌を人為的に与え続けて全身トロとなった畜養マグロは生物として異常だろう。日本人の異常なトロ嗜好が原因だ。魚介類の脂質は健康的だと信じられているが、脂溶性の有害物質の塊でもある。クジラやサメと同じく重金属を多く含むのにも関わらず、それらと比べてマグロだけは軽視されている。健康を望むのであれば、THE COVE の監督シホヨスが主張したようにカタクチイワシなど小魚に切り替えてゆくべきだろう。マグロは嗜好品として消費量を減らしていかねばならない。食うなというわけではない。魚介類の栄養素は必要だし美味いものは美味い。しかし、毎日格安で食べられるといのは異常と考えるべきだ。ボク自身は、学生時代毎週マグロ大トロ、クジラの刺身、たまにイルカ、サメ、市場では出回らない魚介類など摂取しまくっていた。それらが格安な環境下だった。加齢とともに身体に様々な異常を来たしている今、大きな過ちだったと思うようになってきている。

ただし、ヒッピー集団のシーシェパードやシホヨスの行いが正しいとは微塵も思っていない。どちらも国際対立を招いているだけで資源保護に貢献しているわけではない。マルタの人々がシーシェパードのペテンを見抜いてくれることを望む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード