ポール・ワトソンの失敗

自己顕示欲の塊シーシェパードは1月15日以降、南極海でのなりを潜め、早くも次の活動を発表するなど疲弊が現れ始めている。公式ページではクジラの保護に同意を求めるポップアップから「捕鯨が終わるまで我々は止めない」というポップアップに変更した(24日確認)。ペテン師ポール・ワトソンも予期しなかった事態だろう。

ペテン師ポール・ワトソンの今作戦における失敗は、Pete Bethune らニュージーランド勢をむかえたことである。Pete Bethune の自己顕示欲はペテン師ポール・ワトソンに引けをとらない。仲間に自身の映像を撮らせまくっており、日本側の映像でも数多く顔を露にしている。第二昭南丸との衝突の際、Pete Bethune はカメラの前で操舵手に適切な指示もあたえず、船尾で仲間と悪ふざけに興じていた。AG号投棄後、第二昭南丸に接近した際にもこの男はいけしゃあしゃあと姿を現している。レーザーの照射や矢の発射など、活動で前面に出てきたのはPete Bethune らニュージーランド勢であったが、船を失うほどの無能ぶりであったことにペテン師ポール・ワトソンも驚いているに違いない。次回の作戦以降、Pete Bethune がペテン師ポール・ワトソンに自分の船やら自分が活躍するための作戦を要求することも考えられる。船舶事故を起こしながら、モラルに反する行動を繰り返すPete Bethune はペテン師ポール・ワトソンと同じく警戒を要する人物だ。

ペテン師ポール・ワトソンは身内を多国籍にすることで、各国の法律を自分たちの都合の良いように利用しようとしている。ペテン師ポール・ワトソンはシーシェパードを「フランス外人部隊のよう」とも評している(正規軍であるフランス外人部隊に失礼である)。人間の盾のような発想だが、これは諸刃の剣でもある。犯罪集団シーシェパードには国籍の数だけ各国の監視の目が行き届くことになる。犯罪集団シーシェパードに加担した連中は帰港してから何事もなく家路に就けるという保証はない。

次のマグロに関する活動を発表するなど、南極海での作戦の失敗を認めたともとれる。We Won't stop は虚しい捨て台詞だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード