シーシェパード対策は成功していない

読売新聞が農林水産大臣の言葉を受け、「シーシェパード対策の成功」を報じた。記事では第2昭南丸が囮、デコイであるとしている。また、「SI号が300mまで近づいてきたので放水した」とも報じている。作戦内容を公にして、しかも先制攻撃をしたとも受け取られかねない発表をして何が「シーシェパード対策は成功」か。関係諸国の印象を一層悪くし、シーシェパードに支援を与えるだけだ。トップが「敵を欺くには味方から」すらできないようでは困る。

シーシェパードは第2昭南丸との接触の絵が撮れればよいのだ。「背後に巨大な陰謀がある」とするのが連中の十八番である。シーシェパードは「日本はデコイまで使って我々をかく乱してきた。この間に捕鯨団が虐殺を行った」と主張し、ますます勢いづくだろう。

総理大臣と外務大臣が捕鯨を「食文化の違い」ととらえているのもまずい。調査捕鯨を商業捕鯨と認めてしまったようなものだ。諸外国が反発するのも当然だろう。豪州の捕鯨批判は食文化によるものではなく、豪州が主張する海域を日本が脅かしかねないからではないのか。豪州が慎重になっているのは、国際水路機関が認定した南極海の範囲と、豪州の主張する南極海の範囲に相違があるからだ。日本の調査捕鯨に対して批判はするも、実力行使ができないのだろう。だからシーシェパードを排除しないのだ。ボランティアで日本をけん制してくれるからだ。

交渉では互いに譲歩が必要である。しかし、両国が交渉するにはシーシェパードは邪魔なのである。連中が船を出せなくなるまでシーシェパード対策が成功したとは言えない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード