ラスベガスで使用された銃器 - FN15 に Bump Fire Stock

10月1日に発生したアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの銃撃事件の犯行現場の画像が報道され始めている。犯行に用いられた銃の一つは先の投稿のバンプファイアストックの装着が認められた。

この銃は被筒と銃口の形状から FNハースタル社の FN15 Sporting と思われる。これに SLIDE FIRE を装着、照準はEOTech モデル552 を搭載し、弾倉はSureFire社の100連装 High-Capacity Magazine を装填している。これらは特別な改造ではなく、市販品を取り付けただけのものである。


AR15 にSLIDE FIRE、EOTech、60連弾倉を装着し射撃するシューターのレビュー動画
動画のようにSLIDE FIRE の装着は容易であり、60連弾倉は何度も作動不良を起こしていることがわかる

SureFire社の弾倉は100連装を可能とするが、バネの圧が標準のものとは異なり半自動の射撃でも作動不良を起こす。犯行は計画的に行われたかのように見えるが、射撃の技術は未熟で極めて身勝手な男であったことが銃を見てわかる。

画像には複数の銃器の他、多連装の弾倉が十数個認められ、千数百発の実包が持ち込まれていたと考えられる。これだけの量の火器弾薬を持ち込むためにパドックは宿泊中に運搬を繰り返したはずだが、それを阻止できなかったホテル側のセキュリティも追及されるべきだろう。


関連エントリ
ラスベガスで使用された銃器 - 簡易な全自動化とは

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード