リック・オバリーとシーシェパード - Ric O'Barry and Sea shepherd

18日、成田空港で自称リック・オバリー(Rechard Barry O'Feldman)が上陸を許可されず、足止めをされているとの報道が出ている。自称リック・オバリーは観光目的で来日したと主張しているようだが、シーシェパードとの関連が疑われているという。


2003年にポール・ワトソンの要請で来日していた

自称リック・オバリーはシーシェパードの構成員ではないが、シーシェパードと近い関係にある人物である。オバリーは否定しているようだが、2003年10月の来日は国際指名手配中のシーシェパードの元代表ポール・ワトソンの要請であった。このことは、イルカ漁は残酷か(伴野準一、平凡社、2015年8月11日)に詳細が記されている。下記は167項、168項からの引用である。


(引用始め)

 二〇〇三年一〇月、リック・オバリーは、サンフランシスコで開催された活動家ミーティン
グに参加していた。ミーティングの幹事はアース・アイランド協会のデヴィット・フィリップ
スである。フィリップスは一九九〇年代に何百万ドルという募金を得て、ハリウッド映画『フ
リー・ウィリー』に使われたケイコと名付けられたシャチを野生へ戻すことに成功したイルカ
保護活動家の大物だった。
 ミーティングでは世界中からやってきた百数十人のイルカ活動家が、イルカ水族館などで終
身刑に処せられている(と彼らが考える)イルカを解放するための運動の進捗を議論し、今後
の戦略を練ろうとしていた。
 ミーティングの最中、オバリーの携帯が鳴った。シーシェパードのポール・ワトソンからだ
った。
「私は今も彼の言葉を正確に覚えているよ」とオバリーはいう。「素晴らしいことになってい
る。彼はそういったんだ」
 シーシェパードはその年二〇〇三年から太地に駐在員を置いて追い込み漁の模様を記録しよ
うとしていたが、そのとき太地に滞在しているボランティアは一人だけで、しかもそのボラン
ティアは(二〇一五年現在廃業となっている)太地のトレーラーハウスパークのトレーラーを借
りて寝泊まりしているという。他の宿泊客はゼロだった。彼の身に何か起きたら大変だ。ミー
ティングの参加者から太地に行ってくれるボランティアを一人募ってくれないか。それがポー
ル・ワトソンの依頼だった。
 オバリーはワトソンの依頼をミーティングにかけてみたが、誰の手も挙がらなかった。
「それで私が行くことにした。ミーティングの参加者に帽子を回してカンパを集めて旅費に
した。ワトソンは金を出さなかった」


(引用終わり)

ご覧のように、自称リック・オバリーはポール・ワトソンの言葉を「正確に覚えている」と伴野氏に証言していた。自称オバリーが和歌山県東牟婁郡に訪れたのはこの時が2度目のことであるという。

THECOVEのポール・ワトソン
映画 THE COVE に出演した国際指名手配中元シーシェパード代表ポール・ワトソン
SNS でも自称リック・オバリーを2003年に太地町へ送ったと証言。
作中で国際捕鯨委員会IWC をクジラの保護団体だと主張しているがそれは誤りであり、IWC は捕鯨を適正に行うために設立された国際機関である。


太地町での活動はポール・ワトソンの要請以降

自称リック・オバリーはこの前の月にも来日している。2003年9月1日~11日の間、坂野正人が主宰するサークリットという集団がオバリーを招聘し、静岡県、愛知県で講演会などのイベントを開催していた。自称オバリーが太地町での活動を本格化させたのはポール・ワトソンの要請以降のことである。

同年2003年11月18日、シーシェパードの構成員のアレックス・コーネリソン (Alex Cornelissen/Cornelisson)、アリソン・ワトソン(Allison Lance Watson、ポール・ワトソンの前妻、テロ組織ストップ・ハンティンドン・アニマル・クルエルティSHAC および動物解放戦線 ALFの構成員)がイルカ漁の網を破損し、和歌山県警に逮捕された。

同年2003年12月12日、映画フリー・ウィリー(Free Willy)に出演したケイコと名付けられたシャチがノルウェーのタクネス湾で死亡したため、活動目的を失ったアースアイランド研究所やその活動に協力していたエルザ自然保護の会などは日本のイルカ漁に焦点を絞ることとなったのだろう。


※22日追記
米国内ではポール・ワトソンと行動

自称リック・オバリーは2003年以降もポール・ワトソンと交流を持っていた。インターネット上では次のような写真が存在している。

2007年IWCでのリック・オバリーとポール・ワトソン
http://www.seashepherd.it/news-and-media/news-070530-1.html より
2007年、第59回国際捕鯨委員会年次総会で写真をとるポール・ワトソンと自称リック・オバリーら

2013年映画試写会でのリック・オバリーとポール・ワトソン
www.gettyimages.co.jp より
2013年、The Ghosts In Our Machine という動物福祉を題材にしたドキュメンタリ映画の上映会にて
ポール・ワトソンと自称リック・オバリー

自称リック・オバリーはシーシェパードの構成員ではないが、過去にポール・ワトソンとは携帯電話で連絡し合う仲であり、シーシェパードの構成員と行動を共にしていたことは疑いようのない事実であろう。国際指名手配犯であるポール・ワトソン元代表と非常に近しい仲であることは明白だ。そうなると自称リック・オバリーと接点のある日本国内の団体個人も疑わしくなる。

これ以外にもその他、多くの事由が審査にひっかかっていることだろう。今回の異議申し立てとやらが通用するのかどうか、担当弁護士のお手並み拝見といこうではないか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード