雲見くじら館

去る8月、学生時代のサーフィンの帰路、静岡県賀茂郡松崎町で見た「くじら館」を詳細を確かめるべく、11年ぶりに松崎町を訪れた。非常に興味深い史料が展示されていたため、随時紹介していく。

雲見くじら館
建物の3階が道路と面しており、車両を2、3台駐車することができる。受付は旅館などの案内所を兼ねており、入場料大人100円、子ども50円である。

雲見くじら館セミクジラ骨格
受付から階段を降り、2階が展示場となっていた。セミクジラの骨格標本の他、地元の民俗史料、捕鯨絵巻の写しなどが展示されていた。このセミクジラは1977年に雲見海岸沖で発見され、和歌山県太地町の人々により解体されたものである。この話でクジラを解体するということが困難な業であるということを改めて認識させられた。
過去には1階で食事ができたようだが、現在は閉鎖されている。

雲見セミクジラ碑
建物の近く雲見海岸に建てられた供養碑。セミクジラに 滄海院鯨音魚士(そうかいいんげいいんぎょじ) の戒名が与えられ、現在も花が手向けられていた。

雲見くじら館捕鯨絵巻雑魚
館内には当時の写真などの資料が多く展示されているが、個人的に最も興味深かったのが捕鯨絵巻の写しである。
ヒゲクジラ以外の小型鯨類やマンボウが特徴を捉えて描かれている。古式捕鯨ではヒゲクジラ以外にイルカも雑魚や外道として捕獲されていたのではないかということが推測できる。中央には シロ というアルビノか白変種のゴンドウクジラらしきものが描かれている。
(写真は一部トリミング加工)

この他にも多くの史料が展示されていたが、残念なのはそれらの劣化が激しいことである。展示物の一部が欠損していたり、手書きの文字が消え読むのが困難になっているものもある。東日本大震災以降、節電のためエアコンは使われていないようで、標本や写真の痛みが心配される。

もし、この地を訪れることがあったのなら、休憩がてら、このくじら館に寄ってみてほしい。もはや捕獲がかなわないセミクジラの貴重な骨格標本を見ていただきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

去年堂ヶ島に行ったのに・・・・

見逃してました。残念です。
今度あちらに行く機会があればぜひ行きたいです

Re: 去年堂ヶ島に行ったのに・・・・

非常に小さな施設ですので、知らないと見逃してしまうほどです。
このあたりを通られる際には是非!
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード