No Sea Shepherd - シーシェパードとメキシコ国家自然保護地区委員会(CONANP)

シーシェパードはメキシコの国家自然保護地区委員会(CONANP, Comisión Nacional de Áreas Naturales Protegidas)に協力し、コガシラネズミイルカ (vaquita, Phocoena sinus)の保護活動を始めようとしているようだ。帆船である Martin Sheen をコスタリカに向け先行させている。

CONANP のロレンソ・ロハス・ブラチョ(Lorenzo Rojas-Bracho )、米国海洋大気庁(NOAA)のバーバラ・テイラー(Barbara Taylor)らは漁師への補償を提言していたが、2014年にコガシラネズミイルカの個体数が97頭と判明し、CONANP も焦燥に駆られたようだ。

ナショナルジオグラフィックの日本版でもブラチョ、テイラーらは「まだ望みはある」としているが、商業捕鯨の時代から個体数を回復させた大型鯨類と、閉鎖海域で視認すらままならないコガシラネズミイルカでは条件がまったく違う。テイラーらは保護政策で他の鯨類と同じように年間4%程度の個体数増加を見込んでいたようだが、実際は18%以上の減少であった。漁業以外にも餌生物の減少や汚染による繁殖力の低下、海洋環境の変化による死亡なども考慮すべきであり、超法規的に捕獲調査も行い、人工的な環境での飼育が可能か否かも模索すべきだっただろう。

シーシェパードやグリーンピースは、メキシコ政府を動かしたとして無責任な宣伝を行っているが(特にグリーンピースのCGを使った祝いの画像)、コガシラネズミイルカ97頭は最小存続可能個体数を割っている可能性もある。いくらシーシェパードに寄付しようが、グリーンピースの署名に応じようが無駄である。
アメリカ、カナダ、メキシコ政府には、これらを排除してより実効的な保護活動を行うことを期待したい。400年以上メキシコと交流を続けている日本が、この件に助力できないでいたことは残念なことである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コスタリカでSS?

漁民殺しかけたSSにコスタリカ政府が許可を出すのでしょうか?
勝手に押しかけるのかもしれませんね。

残念ながら、南米などの国力が小さな国では、犯罪に直接関わった該当人物でなければ非政府組織のサービスを受け入れてしまうことがあります。早期に組織としての犯罪行為を立証する必要がありますね。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード