Seashepherd ignored the endangered vaquita - コガシラネズミイルカを無視したシーシェパードが新たに2隻の船

シーシェパードが新たに2隻の船を調達し、ポール・ワトソン被告がコガシラネズミイルカの保護を標榜しはじめたため、先手を打っておく。

シーシェパードは現在米国フロリダ州キーウェストに2隻の船舶を係留中で、該船は米国沿岸警備隊が運用していた110フィート級アイランド型カッターの旧 Block Island と 旧 Pea Island であり、それぞれを Farley Mowat と Jules Verne と改称している。ディーゼル機関2基で速力は30ノット(時速約56km)前後、航続距離は3000海里(5600 km)前後である。退役した2隻をシーシェパードが購入し、改修を進めているようである。

FarleyMowat&JulesVerne
SheShepherdGlobal が公開している2隻の船舶。

USCG110フィート級
アメリカ合衆国連邦政府のパブリックドメイン画像
シーシェパードが入手した船舶と同クラスの110フィート級 MUSTANG
25mm機関砲を装備するが、命中精度や船体強度に問題があったようだ

ポール・ワトソン被告はJules Verne をコスタリカのココ島の漁業取締に、Farley Mowat をメキシコのコガシラネズミイルカの保護に運用すると発表している。

いずれも問題があり、シーシェパードはコスタリカでは漁業船に破壊行為を行った過去があり、そのような集団が取締を行うというのはいかがなものか。

revberwatson.jpg
映画 SHARK WATER より
2002年、ポール・ワトソン被告はコスタリカで漁業船に放水や体当たりなどの破壊行為を指示し、コスタリカからの殺人未遂容疑で2012年にドイツで逮捕された
この時使用した船は旧 Farley Mowat(当時 Ocean Warrior)であり、該船は2008年にカナダ政府に没収され競売にかけられた

コガシラネズミイルカは米国、メキシコ、カナダ各国政府の北米保護活動計画(NACAP)で保護を推進してきたが成功せず、国際自然保護連合(IUCN)も国際捕鯨委員会(IWC)も危惧する危急な問題である。個体数100頭前後、水深30m以浅の沿岸に生息するコガシラネズミイルカの保護に110フィート級は役に立たないどころか、その廃油と推進音が生息域を脅かす可能性がある。必要なのは漁業者への補償を徹底し、エビやトトアバなどの市場を管理し、コロラド川の水質を改善することだ。これまでコガシラネズミイルカを無視し、調査捕鯨の妨害や水族館へのヘイトスピーチを行ってきたシーシェパードどもが出る幕ではない。

noseaevil
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード