ポール・ワトソンの反論

ポール・ワトソンがシーシェパードと日本をネタにした過激な社会風刺アニメ South Park について綴っている。
http://www.seashepherd.org/news-and-media/news-091103-1.html

ここでも本人が銃撃について持ち出している。
「私は証明できないが、自由に推測して欲しい」
「オーストラリアに届け出ても管轄外だと受け付けられないだろう」
「船籍のあるオランダ、パスポートを持つカナダもアメリカも見ようとはしなかった」
「CSIのギル・グリッソムを演じているウィリアム・ピーターセンは銃弾のように見えると言った」
どの国も公海上の、しかも捏造を真剣に取上げるはずはない。
ウィリアム・ピーターセンは俳優である。「証拠は決して裏切らない」はずではなかったのか?

シーシェパードやOPSのように自分たちだけがヒーローを演じるやり方は実に気に食わない。
だが、日本の非も大きい。日本の沿岸捕鯨は死に体である。合法性や文化を主張しているが、肝心な調査内容がフィードバックされて来ない。支持はしないが、シーシェパードのホームページの方が圧倒的に面白い。
「シーシェパードはテロリスト」を訴える前にそちらを何とかしていただきたい。妨害に関することと鯨製品の事だけ公開されているが、それ以外は会員費を払わねばならないのか?
http://www.icrwhale.org/04-A.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード