No Sea Shepherd - 豪税関A319はチャーター機

オーストラリア政府環境相が南極海調査捕鯨を上空から監視する方針を発表したとの報道があった。AFP 通信が伝えているが、この記事にはやや語弊があるようだ。

 AFP BB News 12月22日
 http://www.afpbb.com/articles/-/3005502

この記事では

豪関税・国境警備局(Customs and Border Protection Service)のエアバス(Airbus)A319型機

と書かれているが、豪税関が A319 を運用しているという情報は見当たらなかった。これは A319 を一時的に借用、チャーターするということが考えられる。おそらくは Skytraders の機だろう。

 機体:A319-115CJ
 機体記号:VH-VHD
 コールサイン:SNOWBIRD

 wikipedia 英語版 Skytraders
 http://en.wikipedia.org/wiki/Skytraders

豪州は過去にも A319 で調査捕鯨の証拠収集を行うと報じている。

 The Telegraph UK  2007年12月20日
 http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/1573234/Australia-spies-on-Japanese-whale-hunt.html

このときは Australian Antarctic Division (オーストラリア南極局)の機であると報じられていた。2008年には1~3月まで週ごとにタスマニア島のホバートから南極大陸まで飛行すると報じるニュース映像も確認できた。この機は南極への補給、人員輸送に有用な機で、調査捕鯨の監視専属に運用するとは考えにくい。調査捕鯨の期間、この機に税関の人員を乗せ、定期的に南極海上空を飛ばすことを「監視」と豪政府は報じさせたのかもしれない。

豪政府がやらなければならないことは調査捕鯨の監視ではなく、自国の問題に目を向け、緑の党直属の政治団体と化したシーシェパードの活動を制止することであろう。豪政府には世界が注目していることを明確に自覚してもらいたい。


※26日追記

豪州の航空機愛好家によると、現在 Skytraders の A319 は毎年11~3月の間、ホバート-南極のフライトに加え、豪州政府のチャーター機として使われているという。

noseaevil

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オーストラリアもそろそろシーシェパードに見切りをつけるべき。

ピーター・ギャレットが環境相であったころのような勢いは戻らないでしょうね。
まずは豪州代表のボブ・ブラウンに引責してもらいましょう。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード