クジラジャーキー批判記事は豪州発表に合わせたか

29日、アイスランド産のナガスクジラのペット用餌料を販売していた日本の企業に複数の団体が抗議したとの報道があった。

 AFP BBニュース
 犬のおやつ用に鯨ジャーキー販売、動物保護団体が抗議

 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2946772/10817694

この4つの団体とは
 イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク (IKAN、日本)
 Animal Welfare Institute (AWN、アメリカ)
 Environmental Investigation Agency (EIA、アメリカ)
 Whale and Dolphin Conservation (WSC、イギリス)
であり、いずれも長らく反捕鯨活動を行ってきた団体だ。

この報道は、オーストラリアの国際司法裁判所訴訟団代表の声明に合わせたものだろう。
 Sydney Morning Herald
 Hope for whaling verdict before next hunt

 http://www.smh.com.au/environment/whale-watch/hope-for-whaling-verdict-before-next-hunt-20130528-2n9h3.html
 JAMS TV
 対日捕鯨訴訟 来月末から口頭弁論開始

 http://news.jams.tv/Contents/news/view/18493

28日には豪州代表が日本のナガスクジラを用いたペットフードについて話しており、先の4団体の抗議は意図的なものと見て取れる。

IKAN については当ブログは何度も取上げているが、1990年代後半からイルカ猟や水族館を批判し、2000年初頭からグリーンピースジャパンと連動し、今日も元グリーンピースジャパンの人物による文章をネット上で公開している。THE COVE や調査捕鯨批判など海外における反捕鯨報道のソースであることもわかっている。

豪州が訴訟に20億円相当の費用をかけていようが、国際司法裁判所においては公正な審理が行われることだろう。

fin.jpg
鯨肉は他の畜肉と違い低カロリー高蛋白で
魚介類や植物のように不飽和脂肪酸に富む。
アイスランド産ナガスクジラは廉価であり、
該当商品も50g税込604円と鶏ささみの嗜好品よりも安い。
IKAN 事務局長の「他人とは違うと富を自慢したがる富裕層をターゲットとした」
という認識は誤りである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード