そもそも銃弾じゃない可能性も

45オートリムレッド弾をハンマーで潰してみたが、思いのほか剛性があり、円盤状にならなかった。しかし、ポール・ワトソンの銃弾も銃弾じゃない可能性が出てきた。

最初は音響弾にキレたワトソンが船内で即興で作ったものだと考えたが、数十分で銃弾を加工するのは無理だ。鉛塊を熱して整形したのか。フチの痕はペンチで拡げたかのようにも見える。円盤状の鉛も釣りやオーディオ機器固定用に販売されている。乗船前に用意してあったと考えられる。

銃撃されて無事だった人間がまずやってみることは、穴の空いた衣服を見ることではないか。だがシーシェパードはワトソンの上着を公開していないし、Whale Wars の視聴者も穴の空いた上着を見ていない。

シーシェパードは「日新丸からの銃撃か?」と2枚の写真を公開している。
http://www.seashepherd.org/news-and-media/editorial-080308-3.html
動画からの抽出なのか、発砲のタイミングを正確にとらえすぎている。また、画像編集ソフトにかけて見て欲しい。色調補正、明るさ、コントラストをいじってみると、光の後ろにオレンジ色の物体が現れるが、射撃手の頭部がない。この射撃手は銃火の延長上にある照準をのぞくことなく、銃床に頬を当てることなく、あれだけの正確な射撃ができたのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード