No Sea Shepherd - ポール・ワトソンは退任、豪州団体へ

8日現在、シーシェパードのポール・ワトソンが代表を退き、元豪緑の党首ボブ・ブラウンに引き継がれたとの報道がある。

これは米国第九巡回裁判所の仮処分を逃れるためのもので、今期もシーシェパードは日本船舶に対する妨害行為を行うつもりだ。
シーシェパードのこの動きは米国での訴訟が有効であったことの証左であろう。

これは朗報でもある。第九巡回裁判所の仮処分は「シーシェパード、ポール・ワトソン及びそれらと呼応して活動する全ての者」と幅広く定められているため、シーシェパードが豪州の団体だと主張しても効力を有する可能性がある。

また、豪州がシーシェパードを国内団体と容認し続ければ国際司法裁判所、国際海事機関などの国際機関でもイニシアチブを失う。捕鯨問題と外交はそれぞれ別のものだが、影響を及ぼすことがないとは言えない。


シーシェパードは豪州内でもガス田開発に反対するなど反社会的な行為を拡大している。豪政府はどこまでシーシェパードを庇護できるだろうか。

noseaevil

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米国内訴訟対策なんでしょうが、かなりとってつけたような理屈ですね。
豪SS主催とはいえ、船の所有権やら、米SSメンバーの参加があれば、十分に仮処分無視と言えるのではないかと思います。
ただ、これで妨害をやめればせっかく船も買ってもらったところなのに、組織の存在意義なくなるので、ひとまずこうゆう形にしたのでしょう。

ご返信遅くなりました。
シーシェパード側の控訴が却下され、実力行使に移ったようですね。
訴訟の関係で日本側の発表は遅れているようです。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード