No Sea Shepherd - シーシェパード4隻目の船舶は耐氷船か

※12月6日、Sam Simon は元第八海工丸と判明

シーシェパードの4隻目の情報を求めるアクセスが増加している。
シーシェパードの支持者が私のブログをクルーにリークしたため、クルーの発言を得ることができた。

・4隻目は SOLEA、Stephan Jantzen ではない
・アイスクラス規定適用船舶である
・日本の船舶を追跡する用途
・船舶は一部のクルーのみにしか知らされていない
・シーシェパードは燃料費の高騰で大型の船舶を望んでいない

アイスクラス規定とは氷海を航行する能力を表すもので、アイスクラス1Aでは氷厚80cm、1Cでは氷厚40cmを航行できることを表している。北欧では氷海での運用を前提とした船舶の弾数が多く、珍しいものではない。

(財)日本鯨類研究所 提供
(財)日本鯨類研究所 提供
(財)日本鯨類研究所 提供
過去にグリーンピースが調査捕鯨の妨害に用いたアークティック・サンライズ(MV Arctic Sunrise)もアイスクラス規定適用の船舶であった。シーシェパードも同クラスの船舶を用意していると見るべきだろう。


noseaevil

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード