週刊誌の記事に対し

週刊ポスト2012年8月10日号が「調査捕鯨とシーシェパード対策に復興予算が使われた」と批判した記事を掲載しているようだ。

 NEWSポストセブン
 復興用の予算からシーシェパード対策費に5億円使われていた

 http://www.news-postseven.com/archives/20120803_134319.html

この記事がいう「昨年度予算」とは水産庁に配分された平成23年度第3次水産関係補正予算のことだが、その総額は4989億円である。

 水産庁
 平成23年度第3次水産関係補正予算の概要

 http://www.jfa.maff.go.jp/j/budget/23_hosei/pdf/3jiyosan_gaiyo.pdf

水産に関わる様々な分野の復興にそれぞれ数億~数百億円が投じられているが、調査捕鯨への補填23億円は水産庁に配分された予算の0.46パーセントである。調査捕鯨の副産物は卸値で数十億円で末端では100億円以上の市場となる。石巻では今日も沿岸における捕鯨、調査捕鯨が行われており、南極海での調査捕鯨(JARPAⅡ)は捕鯨技術の維持育成のための貴重な機会ともなっている。東北は鯨肉の主要な消費地のひとつであり、鯨肉の流通を維持するにも調査捕鯨に依存せざるを得ない部分がある。


また記事では

調査捕鯨船の母船は広島港から出港しており、石巻とは何の関係もない。

と記述されているが、調査捕鯨船の母船、日新丸は過去に何度も石巻へ寄航し、副産物の陸揚げを行っている。広島には造船元があるので整備のために寄航するのだが、それこそ関係のない話だ。

このようなことを調べもせず、「わかりました、石巻の復興と調査捕鯨費用は何も関係ないですね」 などと話を切り上げる取材側の厚顔ぶりにはあきれたものだ。関係者にはこのような取材に対しても毅然とした態度で望んで欲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「石巻周辺地域の復旧・復興につなげます」とは無関係、官僚の詐欺

まずこの22.84億円は沿岸調査捕鯨とは無関係であります。
次に水産庁はこの22.84億円ブッコ抜きの理由として「石巻周辺地域の復旧・復興につなげます」と謳っているわけですが、
http://www.jfa.maff.go.jp/j/budget/23_hosei/pdf/9-2.pdf
ところが日新丸は今回、石巻に入港してカネを落とすことはなかったわけでありまして、
つまり「石巻周辺地域の復旧・復興につなげられなかった」わけであります。

そもそもこの22.84億円の内訳は「鯨研救済のための18億円」+「シー・シェパード対策のための共同船舶への2.7億円」でありまして、(実際の執行額は21.92億円)
http://www.maff.go.jp/j/budget/review/h24/pdf/0387.pdf
すなわちなんら「石巻周辺地域の復旧・復興につなげます」とは無関係なのであります。

いわゆる“便乗予算”っていうやつです。
恥知らずというか、ここまでやるか!って感じですねえ。
官僚に良心とか節操を求めてもしょうがないですけれども。

またか

どこかで原発反対でもデモしていろ。
プロ市民ががれき受け入れ邪魔して復興が進まない。
原発再稼働反対・電力値上げ反対という勝手な矛盾した主張を繰り返す。

少しは建設的なことを考えろ。

連日シーシェパードの活躍や「石巻の壊滅」を喜んで投稿していた人ですか。

・第三次補正予算は公共性のある事業への配分を計上しています。
・石巻には鯨類研究所の鮎川実験場があり被災しています。鯨類研究所の救済は無関係ではありません。
・副産物の鯨肉は公共用のもの、小売業者を通じて東北にて流通します。陸上げ保管されている東京を除けば現在も仙台市の流通在庫が日本一ですが、そこに調査捕鯨の副産物が存在せず「カネを落とすことはなかった」証明をどうぞ。

水産官僚による国民に対する詐欺

まず「石巻の壊滅」を喜んで投稿した覚えはありません。
つまりやってないのにやったことにしてそれに対してどうこう言う、あるいは決め付けるというのはフェアな態度とはいえませんね。

次に鯨研救済18億円は
鯨研欠損金約19億円
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/minato/week1/2011/feb/m110225.html#2
に対しての補填であり、だがしかしこの欠損金約19億円は震災前に判明していたもの、つまり
“石巻復興につなげる”は後から付けたこじ付けに他ならないってことなのです。

小売業者を通じて全国に流通します、つまり東北だけに流通するってわけではないのです。
すなわち東北に特化したような言い方はできないのですよ。

“石巻復興につなげる”は日新丸が石巻港に入港して石巻にカネを落とす、つまり
冷凍倉庫の保管料や各地への配送料、入港に関する代理店等、乗組員のご家族、関係者等の宿泊等による経済波及効果が見込まれるってことを意味しますが、
だがしかしそもそも石巻の全ての鯨肉加工工場は操業できる状態ではなかったわけですから(たぶん冷凍倉庫も)、去年の復興予算決定時にはもうすでに
日新丸は石巻港には帰港しない、つまり石巻にカネを落とすことはない、すなわち“石巻復興につなげる”ことはできないってことが分かっていたわけなのです。

できないということが分かっていて「できる」と言って予算を請求することを
日本語で「詐欺」と言います。

執拗に投稿したと言えばいいんですか、r13812さん。
フェアを語る前に掲示板へネット報道の転載を行うことが
著作権を侵害する道義から外れた行為であるということをご理解されたらいかがでしょうか。

石巻の状況から日新丸が寄航しないのは当然ですね。
調査捕鯨の副産物が東北を含め全国に流通することはご理解されているではありませんか。
現在は東京や岩手で加工を請け負っているようですが、いずれも石巻周辺地域の復興につながっていますね。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード