「売れ残り」ではない鯨肉

6月13日、鯨肉に関する奇妙な報道を目にした。

鯨肉4分の3売れ残り

この内容は5月22日、反捕鯨を主張する団体に寄稿された文章を基にしたものであった。

 イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク
 「鯨肉が売れない!」~鯨研自らが発表した、入札結果の惨状~

 http://ika-net.jp/ja/ikan-activities/whaling/250-sluggish-sales-of-whale-meat

報道では

分析結果をまとめたのはフリージャーナリストの佐久間淳子さんとクジラなどの保護活動に取り組む市民団体「イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク」。

となっていた。これは日本鯨類研究所が公表している2011年(第18次)北西太平洋調査事業の調査副産物の入札販売の結果を基にしたものだ。

 財団法人日本鯨類研究所
 調査副産物を購入したい方へ(入札販売について)
 http://www.icrwhale.org/nyusatsu.html
 市場関係者向け入札結果
 http://www.icrwhale.org/nyusatsukekka.html
 一般入札結果
 http://www.icrwhale.org/nyusatsukekkaippan.html

報道では販売量と落札量から「4分の3が売れ残った」としているが、上のページでは応札重量も公表されている。販売量、落札重量、応札重量から下のグラフを作成した。

2011年JARPNII副産物入札販売結果

応札はミンククジラでは販売量を上回り、ニタリクジラもミンククジラも販売量の2分の1ほどあったことがわかる。売れ残っているのにも関わらず応札と落札に開きがあるのは

・特定の部位に入札が集中した
・応札価格が共同船舶が定める最低販売価格に満たなかった

事が挙げられる。

入札による販売は今回が初めてのことであり購入側にも周知されたものではなく、主要な消費地の一つである復興途上の東北地方に配慮されたものでもない。潜在的な需要はこの入札結果だけでは見出せない。そして、この「売れ残り」、グラフで「落札なし」の鯨肉は現在も従来の相対で販売が続けられているので無駄な物ではない。

今回の入札制度で鯨類研究所と共同船舶は、市場が求める鯨肉の部位と価格を知ることができたことだろう。これらを参考に副産物の有効な活用に努めて欲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

反捕鯨派の見え見えの情報操作なのに、相変わらずこれをそのまま垂れ流す新聞記者はタチ悪いですね。

このフリージャーナリストの正体は割れています。
共同通信とのコネは維持しているようで定期的に同様の記事を書かせています。
「メディアワーク」とやららしいですね。

鯨肉在庫

はじめまして。毎年思い出したように鯨肉在庫がニュースになりますが、いつも出元は佐久間淳子氏ですね。日本にも反捕鯨団体の活動家がいても良いのですが、私が不思議に思うのは、なぜ大手新聞社や通信社が無批判に取り上げ、記事になるのかということです。記事は具体的な数字を出さず、在庫が何倍に増えたとか、鯨肉が何分の一しか売れなかったとか、非常に短いものです。今年は日経だったと思いますが、とても経済の専門誌の書く記事とは言えませんでした。Twitterで見かけますが、大手メディアの記事になるとそのまま信じてしまう人もいるようで、残念です。

鵜梅様、はじめまして。
佐久間は2006年からメディアに通じた市民活動家のコネにより、共同通信を通じ同様の記事を配信させ続けていますね。
マスメディアもボランティアというわけではなく、それぞれ顧客があるので内容を正確に吟味しているわけではないようです。例えば日本経済新聞などは決算前の企業情報をリークすることが良くありますし、讀賣新聞は日本鯨類研究所側を取材した記事を取り扱ったことがありました。

今回の記事では鯨類研究所側が落札されなかった分については相対で販売を続けていると発表しています。
佐久間らの狙いは「売れ残り」の見出しをメディアに報じさせることにあったのでしょう。
この手の記事はIWC総会前、南極海の調査捕鯨開始前にリリースされる傾向があり、市民活動を標榜する団体の意図が明白です。
当事者が反論できない立場にあるのなら、我々第三者がこの団体の欺瞞を指摘していくことが必要だと考えています。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード