No Sea Shepherd - 停滞するシーシェパード

産経新聞がシーシェパードについて報じている。

 msn 産経ニュース
 シー・シェパードが捕鯨船攻撃用ボートを増強 収入は過去最高額に

 http://sankei.jp.msn.com/world/news/111113/erp11111308070002-n1.htm

この記事ではシーシェパードの収入について触れられている。2010年度に991万米ドルと過去最高額の収入があったとのことだ。


収入は過去最高額だが

この金額は高いものではない。グリーンピース・ジャパンですら年間1億5000万円ほどの収入を得ているが、世界規模の展開でこの金額は多いとは言えない。様々なメディア展開を頻繁に行っているのにもかかわらず、2009年から2010年にかけては10万米ドル程度しか収入を伸ばせていない。

他にもシーシェパードの停滞を裏付けるデータがある。シーシェパードは今年の中旬にサイトの大幅な更新を行ったが、このコンテンツは不振のようだ。

あるサービスを使うことで、シーシェパードの公式ホームページのアクセス数と評価を知ることができる。SeaShepherd.org は以前は約40万ドルの価値があると分析されていたが、現在では6万ドル程度と評価されている。

これは海外のサービスであり、セキュリティ上の安全を確信できないため詳細については記さない。前回の評価の詳細については下記のエントリを参照してほしい。

 サイトの価値は日本鯨類研究所の10倍以上


必要なゴムボート対策

ゴムボートを増やすことはシーシェパードからすれば正攻法だ。日本側はいかに速度を落とさずに航行し続けられるか乗員に不快な思いをさせるかが重要になる。

(財)日本鯨類研究所 提供
(財)日本鯨類研究所 提供
ボブ・バーカー号活動家が第二勇新丸左舷部のネットに発煙筒を投擲 (2.96MB) 動画ファイルより
放水を受け行動を制止されるシーシェパードの人員。ゴムボートは運用する人員に肉体的な負担がかかる。
物体を発射するスパッドガンやペイントボールを使用してくることが考えられるため、放水以外の手段が欲しい。
海賊対策の非殺傷の製品を日本の危機管理産業企業が開発しているため、関係者には導入を検討していただきたい。


国内世論の理解を

先日、日本鯨類研究所のサイトが大幅に更新された。写真が多く使われ、以前よりも興味をそそられるコンテンツとなっている。国内でも調査捕鯨に対する批判はあるが、Q&A の一覧を熟読すれば多くが的外れな批判であることが理解できる。近年は「南極海における調査捕鯨を中止し、日本近海の沿岸捕鯨に尽力せよ」との意見がなされている。国益のために南極海調査捕鯨を損切りしろという論調だ。しかし、南極海の致死調査を中止するということは、1900年代から蓄積されたデータを無駄にするということだ。一部の鯨類を激減させた時代に目をつぶるということだ。その意味が我々第三者にも伝わるよう、関係者の方々には努めてもらいたい。

noseaevil
ja: 国際刑事警察機構はポール・ワトソンの犯罪に関する追加情報を要求する。
en: Interpol requests additional information about Paul Watson in relation to a crime.
fr: Interpol demande de l'information supplémentaire au sujet de Paul Watson par rapport à une infraction.
it: Interpol richiede informazioni supplementari su Paul Watson in relazione ad un crimine.
es: Interpol pide la información extensa sobre el crimen de Paul Watson.
da: Interpol anmoder om yderligere oplysninger om Paul Watson i forhold til en forbrydelse.
nl: Interpol vraagt ​​aanvullende informatie over Paul Watson in relatie tot een misdaad.
ar: .الانتربول يطلب معلومات إضافية حول بول واتسون فيما يتعلق جريمة 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味本位のアクセス

基本興味本位のアクセスがなので、目新しいことがなければ即飽きられるわけです。
1.反捕鯨国でも彼らのやり方に疑問を持っている人が増えていること。
2.カルト化の兆候が、一般人から避けられている。
3.アメリカは、もっと深刻な社会問題(Occupy WallStreet等)が顕在化し、
  歩減問題の優先順位が下がっている。
4.コーヴの人気も過去のものとなっている。
5.命名ビジネスの不発。Ady Gill以降 アースレース号(旧gojira:現B.バルドー)の
 命名で稼げていない。
6.マルタの件での事実上の敗訴。

こういった事情で、大口の献金がない中、費用がかさんでいることが想像できる。

No title

SSを回避するのに一番有効な手段は高性能レーダーを搭載し、SS抗議船のレーダー圏外からレーダーで補足し続けることでしょう。ヘリで一時的に船団を補足されても、抗議船のレーダー圏内に入らなければ連中も安易に搭載艇を出撃できません(下手すれば捕鯨船を見つけられず孤立の可能性もある)相手に気づかれずに監視し続けられるかが鍵だと思います。後、搭載艇のこれ以上の高速化は自滅行為でしょう。南極海のような荒天海域で小型艇が高速航行すればちょっとした旋回や風浪で転覆する事が目に見えてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どこぞのアホを擁護するわけではないんですが第2昭南丸が同行する可能性が出てきました。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/bobi_mama_1222/52335390.html
↑ここ最近の釜石で撮影された物ですが、第2昭南丸のカラーリングと煙突のマークといい明らかに水産庁の取り締まり船です、震災の影響で東北の取り締まりに回されたと思いますが、南極海に行くのやら・・・。

ednakano さん

国内の団体もそうですが、
地方の議員、落ち目な著名人、零細企業、アーティストなどが
財テク、脱税、売名の目的でシーシェパードを利用していることが推測できます。
メディアがこれらを閉め出すよう、情報を発信していかなければなりません。


謎の捕鯨船さん

難しい問題です。
有限な調査海域で数ヶ月航行すれば必ず捕捉されます。
船首に付き纏われようが航行速度を落とさない努力が必要ですね。
ゴムボートの乗員には同情しますが、もっと不快な思いをすることになるでしょう。


sea noob さん

だとすれば最良の選択ですね。
機動性もあり、同海域での実績もあります。

Re: 税金注入依存会社(共同船舶)

調査捕鯨に税金を使われたくないというのであれば、寄付でもされたらいかがでしょう。
その分は免税されるはずです。

いくら納税されているかは知りませんが。

反対派のマスコミはあるが、その反対派の嘘を暴くマスコミが存在しない

シーシェパードやグリーンピースは論外だけど
自称「中立」「中間派」を装いながら、調査捕鯨へのデマ叩きを行う米本昌平とか石井敦とかの詐欺が問題かもしれないですね。
社会的影響からすると、露骨な調査捕鯨への嘘記事を書く朝日新聞や毎日新聞や日経新聞が影響の点で心配です。

Re: 反対派のマスコミはあるが、その反対派の嘘を暴くマスコミが存在しない

米本氏は元証券マンらしい短期的な物の見方をされていますね。
石井氏にあっては元グリーンピースの佐久間らと捕鯨論争を出版したり、
外国のメディアに持論を持ち込んだりするあたり中立ではありませんね。

反対派の嘘を暴くマスコミが存在しないのではなく、
それを理解している人々は組織に所属していたり、公的な立場にあったりしているため
個人的な発言ができないことが考えられます。
顧客である私たちが指摘することで、マスコミの負の影響も抑えられるのではないでしょうか。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード