イルカの追い込み猟

9日に和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が行われたという報道があった。
バンドウイルカとマゴンドウ約150頭を捕獲、イルカは水族館などへの販売分を除いてはリリース、マゴンドウは水揚げするという。

産経ニュースも讀賣新聞も追い込み猟の写真を掲載している。シーシェパードやTHE COVE の撮撮影陣のような潜入活動をせずとも撮影はできるのだ。シーシェパードは「イルカやクジラの虐殺を証明する写真」に賞金を出すとしている。捕鯨船にLRAD(長距離音響装置)が導入されて彼らはますます映像に頼る活動をせざるを得ないだろう。LRADではイルカの鳴き声を使うといいだろう。高周波は人に癒しをもたらすとは限らない。

また、オーストラリアのブルーム町から姉妹都市提携停止の正式な連絡が無いという。ブルームには日に5000通ものEメールが届き、提携停止をせざるをえない状況だとした。「日系人に危害がおよぼされることを鑑みて」ともした。威力業務妨害染みた一方的な意見を受け入れて、相手に通達することもなく。密漁船を爆破してまわるような国がサイバーテロに屈服するなんておかしくないか?

イルカ猟に抗議するため、EメールやFAXを送ることを推進するホームページも多数あるが、真に野生動物を思う人は絶対に加担しないで欲しい。苦労するのはそれを処理しなければならない末端の人間だけだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード