震災のボランティアに行く前に

宮城県から戻ったが、震災に対する支援の仕方を考えなければならない。

飲料、インスタント食品などは一部の地域を除けばもう必要ない。天井まで重ねられたダンボールを処理しなければならないのは受け入れた側だ。

また、短期間のボランティアは迷惑になる可能性がある。県外から来た連中が、持ち込んだ物を持ち帰りたくないために被災地に置いていくようなことをしている。廃棄物の処理が問題となっているのにも関わらず、ゴミの分別もしない。まだ品数の少ない市街地のコンビニエンスストアで買い物をして、ごみを現地に置いていくのだから始末に終えない。私の帰りの荷物は行きより増えた。

軍や自衛隊はインフラなどを独自に確保できる自己完結性を持っているが、個人はそうではない。被災地で活動したいと思うのなら、自身の私生活から配慮しなければならないことがある。

また、被災地の写真を撮って回る行為は厳に慎んで欲しい。これが現地の人たちの願いだ。

野次馬は来るな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード