No Sea Shepherd - SSCS gave up chasing NM

ポール・ワトソンを乗せたシーシェパードの母船が給油のためにニュージーランドのウェリントンに戻るらしい。

The Steve Irwin Disengages for Refueling
http://www.seashepherd.org/news-and-media/news-110127-1.html

出たわ、「燃料が少ないからやむを得ず撤退」。続いて「日本の船団を分断していたので捕鯨は行われなかった」という根拠のない成果報告。この連中の発信する情報には毎度の事ながら反吐が出る。

このような連中を相手にしたときはどうするべきか?この連中を取引の条件に使えば良い。例えば、オーストラリアとニュージーランド、果てはオランダに対し、「シーシェパードが活動している間は調査捕鯨を続ける」と宣言してしまえば良い。関係国は憤怒するだろうが、シーシェパードに対して対処せざるを得なくなる。ワトソンが生存中にシーシェパードを社会的に失墜させる、これが日本の課題だ。

noseaevil
JUST SAY NO TO USELESS SEA HIPPIES

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード