THE COVE ZERO

イルカ猟に対するハラスメントは和歌山県の太地町に始まったことではない。THE COVE よりも前からイルカ猟に対する保護団体のハラスメントは行われていた。静岡県伊東市の富戸港でもイルカの追い込み猟は行われていた。しかし、猟に反対する団体から尋常ではない圧力をかけられ、2004年を最後に行われなくなった。

富戸に圧力をかけていたのは

エルザ自然保護の会
http://elsaenc.net/
IKAN イルカ&クジラ・アクションネットワーク
http://homepage1.nifty.com/IKAN/
Save Japan Dolphins / 日本のイルカを救いましょう
http://www.savejapandolphins.org/index.php
Choices for Tomorrow (CFT) / あしたへの選択
http://ashitaenosentaku.org/
BlueVoice
http://www.bluevoice.org/index.php

まだまだありそうだ。これらは未だ活動中である。

エルザ自然保護の会は現地に会員を送って撮影をさせ、その映像とイルカ猟に関連しそうなありとあらゆる団体の連絡先を記載して抗議するよう働きかけた。水揚げ直後の映像を「日本のイルカ猟」というビデオに編集して2000円で販売している。これがいわばTHE COVE ZERO だ。

エルザは「シーシェパードとはまったく交流がない」としている。しかし、情報を共有しているSave Japan Dolphins はリチャード・オバリーの主催団体であり、BlueVoiceはハーディ・ジョーンズが設立した団体である。いずれも THE COVE に出演した面々だ。
エルザ自然保護の会
伊豆・富戸漁港のイルカ猟

http://elsaenc.net/dolphihunt/futo2004/

オバリーもジョーンズも富戸のイルカ猟妨害に絡んでいた。オバリーはシーシェパードの特別顧問だった。ジョーンズは地元の小学校に訪れ公演まで行い、自分は「ドルフィン・ディフェンダー」だと名乗っている。

今、太地町には外国人やそれに同調した日本人が訪れ関係者を撮影し罵声を浴びせるなどのハラスメントを行っているが、富戸に対して行われたのは陰湿なものだった。電話、FAX、手紙、電子メールによる不特定多数の抗議だ。事務仕事をする人はそれらがどれほど精神的にきついものかわかるだろう。連中は自分の手を汚さない。世論を煽って同調者をけしかけるのだ。この小さな港を潰すために連中は何をしたと思う?総理大臣や水産庁、県知事どころか周辺の水族館、イルカ肉を販売する店舗、果ては米国大統領にまで抗議したのだ!

富戸港
こんな静かで小さな港に対し、連中は世界中から圧力をかけさせた。

以降、富戸はイルカウォッチング、エコツーリズムをはじめた。連中はそれまでの態度とはうってかわり、富戸を希望の港と賞賛した。しかし、2010年、イルカ猟の再開の報道が流れると、連中は一斉に抗議の署名活動を開始した。署名が目標数に集まらないとわかると、短期決戦と称して目標人数を500人にまで落とした。

静岡県富戸でのイルカ追い込み猟解禁に反対する署名です!
http://www.shomei.tv/project-1595.html

現在、連中の手法は SNS や twitter、掲示板などにとにかく捕鯨や環境保護、あるいは健康などに関連する情報を掲載しまくって支持者を集めるというものだ。メインの公式ページにはたいていメールアドレスと私書箱の住所が掲載されているだけである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

反捕鯨論者はやたらとホエールウオッチングの経済効果を喧伝しますが・・・

少なくとも日本ではイルカ/ホエールウオッチングというのは遊漁船やダイビングのサイドビジネス以上になるのは難しいと思います。

需要が無尽蔵にあるわけではないから、どこかで供給過多になる。特に経済状況からみて採算ラインを維持するのは難しい。ゆえに北海道と富戸のウォッチングビジネスは撤退を余儀なくされた。
反捕鯨派は、人間がイルカに関心を持たないことを非難するんだろうが、日本にはガイア教の信者は少ない。

日本と日本人という特性を考えればウォッチングビジネスは成り立ちません。日本周辺の海域の海流は荒く、風も強い。土日祝日しか休みを取れない労働者は、遭遇できるかどうかもわからないイルカクジラをわざわざ船に揺られて見に行きたいとは考えません。私も意図せずミンククジラ(現地の人間は「ハンプバックハンプバック!」騒ぐんですが、どう見ても尖った口先はミンクです)に遭遇したりしましたが、面白いものではありませんでした。ウォッチング推奨活動者は鯨類を見る機会が少ない人々だと思います。

富戸を潰しにかかった連中はたいした援助もしていません。自分たちは太地町やら他の水族館(何かが死ぬたび)のハラスメントに活動を移し、抗議を他人にやらせておきながら寄付を呼びかけ続けています。私はこれらを放っておくつもりはありません。

再び情報をありがとうございます。無差別に連絡をするというやり口はまさに今太地町関係でおこなわれています。コーヴガーディアンやSSCSの取り巻きが太地町の役場、クジラ博物館だけではなく、世界中の領事館、大使館、日本の各省庁、そして宮内庁にまで電話とメール攻撃をしています。

無差別な訴えには法的な効力がまったくありません。しかし、関係者に精神的な苦痛を与えます。関係者を精神的に追い込み内部告発者を引き込むやり方が連中のやり方です。文章に攻撃的な内容があれば刑法による取締りができるはずです。静岡県警は2010年10月18日、伊東市の漁業協同組合に脅迫メールを送った奈良県の男性を逮捕しています。

朝鮮とシナの犬食に賛成している馬鹿が多いな。
つまり、日本でいうとイルカ漁。
動物の食べ合いレベルの、動物レベルの馬鹿と言う訳だ。

女性の多くはイルカ漁に反対。
つまり、
ここで騒いでいるキモオタは女性と縁がない奴と言う事。

このブログのどこに犬の食についての記述があるんですか。

ええ、私はキモオタかもしれませんが、何人かの女性とはお付き合いさせてもらってますよ。
別れも出会いもあり、狩りや鯨肉についても話し合う楽しい一時を過ごさせてもらってますが。

モペラ、使いにくくないですか。
掲示板の規制受けることが多くご不便でしょう。
「エルザ自然保護の会」でご検索されてますが、エルザには若い女性が多いんでしょうか。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード