No EYES ON TAIJI - ついに動き出した Ady Gil

環境保護ビジネスに一度参入すると、その泥沼から逃れることはできない。アディ・ギルが和歌山県太地町に船舶を持ち込んだようだ。

NHKオンライン 和歌山県のニュース
反捕鯨団体資金援助者が船係留

http://www.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2043475161.html

記事によれば AGWC という団体所有のプレジャーボートが太地町に隣接する那智勝浦町の港に係留されているという。

実は16日から私のブログに AGWC の検索キーワードでの訪問が増加していた。報道関係の方が調べたのだろう。この AGWC (Ady Gil World Conservation) はアディ・ギルが立ち上げた団体で、シーシェパードに日本での活動を促させたマイケル・ダルトンというオーストラリア人が率いる EYES ON TAIJI という団体とつながっている。日本で有罪判決を受けたニュージーランド人のピーター・べシューンが立ち上げた Earthrace ともつながりを見せている。

この動きは警戒しなければならない。なぜなら AGWC と EYES ON TAIJI はイルカ猟停止のための寄付を呼びかけており、集まった寄付金はアメリカのロサンジェルスに拠点を置く団体を支援するために使うとしているからだ。これがどういうことかお分かりいただけるだろうか?大規模なデモや破壊活動で知られる本格的なエコテロリストを太地町に招くということだ。

AGWC projects
http://www.agwc501.org/Projects/Eyes on Taiji.php

ギル、ダルトン、ベシューンはシーシェパードと確執を持っており、イルカ猟停止の実績をねらって参入してきたとも考えられる。ただし、個人レベルでは「イルカ猟を縮小、あるいは停止させて利益を得る」という目的は共通しており、許されるものではない。

Eyes on Taiji – a new beginning
http://eyesontaiji.org/2011/01/eyes-on-taiji-%E2%80%93-a-new-beginning/
EYES ON TAIJI の公式ページ。ボートの画像が掲載されている。歩み寄りを見せているかの様な文章だが、寄付を呼びかける必要性があるのか。

Eyes on Taiji

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全くAdy Gilに関してはハリウッドのビジネスマンをいういかにもな感じのやつですが、本性現した感じですね。海保の船で監視して、違法行為があればすぐに拘束できるようにしておかなきゃ。

ギルは「象を密猟する奴を銃で撃って何が悪い」というようなコメントをしました。戦闘機パイロットに志願した過去があるようですが、同じ立場にあった人間として許すことができません。私はこのブログを通し、関係者に情報提供をしていくつもりです。

今のところ単にボートを大人買いしただけにしか思えません。

これに手を貸す日本人が現れないことを祈るばかりです。

ウォッチングに幻想を抱いた日本人が現れてしまうんでしょうね。そうした人らとは日本人同士でも対話が難しいでしょう。私は静岡県の前例を知っているのでこのような働きかけをどうしても許せません。

>「象を密猟する奴を銃で撃って何が悪い」
つまりは、人権を無視するアニマルライツ主義者ですから、ナチと同じ人種差別が平気なタイプですね。
人権でさえ十分に守れないのが現状なのに、動物まで範囲広げれば収集つかないのが当たりまえ。そこで、動物に優先順位つけることが、果ては人間にも優先順位つける結果になるということがわからないんですよ。

差し支えなければ静岡県の前例というのをもう少し詳しく教えていただけませんか? よろしくお願いします。

静岡県の富戸で行われていたイルカ漁は、この手の連中の妨害により、継続を断念し、イルカウォッチングに切り替えたが、採算が取れず、現在イルカウォッチング殻は撤退し、イルカ漁再開の意思を表示しているようです。妨害の内容など詳しい経緯は手元にありませんが、この件だと思います。

「イルカ 富戸」の検索だけでも、国内の団体が関係者に対して何を行ったかご理解いただけると思います。昨年、オバリーとのニアミスを狙って富戸に行ったときの写真があるので、後ほど改めて記事にしたいと思います。

ありがとうございます。

海鷹丸はホバートに停泊、白鵬丸はフリーマントルを2日前に出港。
海鷹丸の運行予定は
http://www.kaiyodai.ac.jp/event/1101/14487/file/umitaka33.pdf
白鳳丸の運行予定は
http://www.ori.u-tokyo.ac.jp/coop/j/download2009/hakuhou-shiryou2.pdf
Ocean Protectorは10日前にフリーマントル出港。

はじめまして、浜屋さん。
大変興味深い内容をありがとうございます。

OP の存在は知りませんでした。OV が動かなかったわけですね。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード