サメのステーキ

今回はひさしぶりにサメのお話をしましょう。というのも、イルカの肉を買いに行ったところ、サメの肉が入荷していたのでこちらにしようと思った次第です。

モウカザメ

気仙沼産モウカザメ
100g 98円 で牛肉と同じくらいだが、マグロやサケと比べれば圧倒的に安い。

ネズミザメ

モウカザメとはネズミザメのことである。


サメといえば独特の臭いを思い出します。パックの上からではその臭いは感じ取れませんでしたが、肉を直に嗅ぐとわかります。正直に申し上げると、「豚小屋の臭い」です。この臭いは、サメの体組織には浸透圧調整のために尿素が蓄えられており、時間の経過とともにアンモニアに変化してしまうために発生するものです。火を通せばこの臭いはなくなります。

今回はステーキでいただくことにしました。バターが最高ですが、バターがなかったのでマーガリンをフライパンにひいて強火で焼きました。

サメのステーキ

味付けは一切しませんでしたが、やわらかいのであっという間に食べ終わりました。とにかく白身魚をガッツリ食べた満足感を得られます。

サメといえばフカヒレ、水銀などと連想され、環境保護団体が騒いでいます。グリーンピースやシーシェパードらが気仙沼のサメをターゲットにしていますが、日本はサメのすべてを利用しており、発展途上国のようなフカヒレだけを目的とした乱獲をしていません。日本は島国であり、海底火山の活動も活発で魚介類にメチル水銀が蓄積されていることは自然なことです。

興味をもたれた方はサメについて調べてみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード