海賊はどっちか

早朝のラジオで興味深い内容があった。
ソマリアの海賊についてである。

今日ソマリア沖の海賊は、自動小銃、マシンガン、ロケット砲で武装し、エンジンを改造した小型船舶で外国の大型船舶を強奪、身代金を要求する凶悪な存在として報道されている。
2008年9月26日、T-72戦車33両を輸送中のウクライナの貨物船が強奪されたことは世界に衝撃を与え、今では日本を含めた世界各国が軍事作戦を展開している。

今回ボクにとって興味深かったのが、海賊が横行するようになった発端である。
ソマリア沿岸には、2004年から2005年にかけて起こったスマトラ沖地震による津波で、海洋投棄された産業廃棄物が押し寄せたというのだ。
海洋投棄を請け負う民間企業の報道を目にしたことがあるが、こうしたビジネスはすでに横行していたようだ。
無政府状態のソマリアでは海上の取締りが行われず、外国の違法操業や不法投棄が行われているという。
このためにソマリアの漁民は海賊に転進せざるをえなくなっているという。

このことが事実かどうかはわからないが、ソマリア沖が先進諸国の駆け引きの場になっていることは事実である。

自国で処理できないほどの産業廃棄物を他国に押し付け、海洋資源を根こそぎさらって喰らい、軍艦を派遣して軍事行為を行う。

海賊はどっちか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード