No Sea Shepherd - 敵は国内にいた

まず、この一文をご覧いただきたい。

テロ組織は共通の敵で結びつく
 テロ集団にはそれぞれに課題をもつ。彼らを結びつけるものは共通の敵である(敵といっても世界で名の知れた国が含まれる)。それとともに、訓練、材料や装備、後方の作戦基地および活動資金など兵站支援の必要上から、特定の地域で協力することがあっても、すぐに終わるようである。(イスラエル式テロ対処マニュアル 爆弾テロ対応の手順 Hayim Granot, Jay Levinson 第50項)


今もシーシェパードが和歌山県の太地町でハラスメントを継続しているが、この件を調べるとある特定の団体が浮かび上がってくるのだ。The cove のリチャード・オバリー。このわんぱくフリッパーでイルカを16匹死なせた、または自殺に追い込んだ人物は、ある団体の公演にしばしば現れていた。

エルザ自然保護の会である。
http://elsaenc.net/

この団体は「野生のエルザ」という作品にちなんでいる。この団体は「日本のイルカ猟」というDVDを2000円で販売している。その内容は、イルカ水揚げの現場を撮影したものでその残酷性を訴えるものだ。まだブルーシートで現場を覆い隠していないころの静岡県伊東市の映像だ。よく反捕鯨を唱える連中が口にするのが「正当性があるなら隠蔽せずに公開しろ」というものだが、鯨類関係の現場が公表されなくなった理由がこれだ。公開したらその映像を勝手に商品化された挙句、その内容が猟を止めろというものだったのだ。あなたが仕事をしている姿を撮影され、その映像で勝手に商売をされたらどう思うか?しかもその仕事は悪いことだから止めろと非難してきたとしたら?やつらはそれをやってのけ、ついには静岡県のイルカ猟を中止に追い込んだ。連中は今もこのDVDを販売中だ。

そして、このあとシーシェパードが和歌山の太地町にやって来る。The Cove だ。この流れは連中が手引きしたものだ。まず、最も規模が小さい富戸のイルカ猟を潰し味をしめたのだ。

エルザ自然保護の会は次の団体とも映像を共有している。
Save Japan Dolphins.org (日本のイルカを救いましょう)
http://www.savejapandolphins.jp/
実態がよくわからないこの団体にもオバリーがでかでかと登場している。

さらにこの団体の代表を小学校に招いた映像を使っている。
BlueVoice.org
http://www.bluevoice.org/
DOLPHIN DEFENDER なる映画を輩出するこのハーディー・ジョーンズは、The Cove に出演していた人物である。
さらにこのハーディー・ジョーンズと関連が深い人物は皆 The Cove の出演者なのである。
・ルイ・シホヨス
・ブルックス・エイトキン
・チャールズ・ハンブルトン
・ヘイデン・パネッティーア
・イザベル・ルーカス
・サイモン・ハッチンス

パネッティーアはザ・ホエールマン・ファンデーションという反捕鯨団体を設立している。

エルザは再びイルカ猟を中止に追い込むべく署名活を行っていたが、それに同調して現れるのがあしたへの選択(CFT)イルカを守る会だ。これらはしばしばセットでネット上に現れる。

エルザの副会長は岡崎友紀だ。もうおわかりだろう?反捕鯨運動はメディア関係者の売名が目的だ。現在のイルカ猟を取り巻く環境は数十年前から国内で起こっていた。結果的にシーシェパードを国内に招き入れたのはこの団体だ。いずれの団体も Donate Now やら関係者に電話、FAX、メール、手紙、署名で圧力かけることを要求している。テロ組織は共通の敵で結びつくようである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード