No Sea Shepherd - もう一人の日本人クルー

昨日の The Japan Times で少なくとも2人の日本人クルーの存在が明らかになった。
しかし、この記事ではボブバーカーに乗船しているというイズミ ステーヴンズ という人物が何者なのかわからなかった。

それは英語版の検索エンジンで容易に判明した。ベインブリッジ在住のマッサージ師の主婦である。テレビ番組にも出演しており、米国内で反捕鯨デモに参加している。
KING5.com
Bainbridge mom to battle Japanese whalers
http://www.king5.com/video/featured-videos/Bainbridge-mom-to-battle-Japanese-Whalers-106788908.html

私は呆れた。お祭り感覚で良くも戦おうなどと。顔を隠さず家族のことを公言するなどもってのほかだ。家族のために顔を隠してテレビのインタビューに出演した動物解放戦線の構成員の方がまだ懸命だったと言えよう。日本で鯨類に携わる職に従事している人々は電話やFAXやインターネットからの非難、さらには直接汚い言葉を浴びせられたり、撮影されて「虐殺者」「犯罪者」などと全世界にばら撒かれている。

今回の日本人クルーに共通しているのが海外在住者であるということ。一方は日本で確執を持っており、半ばそれに対する当てつけとも思える動機を発信している。もう一方は「エコ」やら「情熱」やらを声高にしており、とても賛同できるものではない。そんなくだらない理由で殺傷能力のある野菜やアーチェリーの矢、皮膚を焼く酸を充填したビンを発射するスパッドガンを向けられた人々がいる。そのような行為を行う団体に直接協力するというのなら、誰であろうと許すことはできない。

noseaevil
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード