No Sea Shepherd 銃では倒せない

ヒッピー集団のシーシェパードは烏合の衆だと思っていた。仮の話だが、ボクにリボルバーか小口径のライフルを持たせてもらえれば、船内のポテトヘッドがイサカM37を持ち出す前に構成員を一掃できるだろう。これまでの映像から、連中が軍事的な訓練を受けているとは到底思えないからだ。しかし、それでこの問題は解決しそうにない。

太地町に「潜入した」というシーシェパードの Michael Dalton とは何者か。Google 英語版 のイメージ検索で興味深い内容がヒットした。
http://formulaenergy.com.au/2010/03/sea-shepherd-fundraiser/

このページは「フォーミュラエナジー」というサーフボードメーカーのものだ。シーシェパードのロゴをあしらったサーフボードをアディ・ギルが3300ドルで落札したという内容だ。この文章を綴っているのがマイケル・ダルトン。シーシェパードの公式ページ上にも同じ内容が確認できる。
http://www.seashepherd.org/australia/brisbane.html

このショートボードは以下のページの2010年08月26日付の記事でも確認できる。どうやらシーシェパードはサーフボード業界にも乗り出しているようだ。
http://blogs.myspace.com/seashepherd

サーファーとして言わせてもらえば、黒いボードは輻射熱で樹脂が劣化しやすい。一番選びたくない色だ。

シーシェパードの影響力は思った以上に拡がっている。動物や環境の保全を名目にした反体制的な自己表現が蔓延している。銃では倒せない相手だ。

noseaevil
銃では倒せない。しかし、ハラスメントに対してはそれなりの応酬はできる。悪い流行を終わらせることはできる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード