Paul Watson and "Jack" Idema

ペテン師ポール・ワトソンは今期の捕鯨妨害活動の終了を宣言した。
ボクは、このペテン師の動きを追いながら、ある人物を思い出した。今、その人物のことが記された本を読み返しながらこのブログを綴っているが、おもわず失笑してしまうほどあのペテン師はその男に行動が似ている。その男の名は

"Jack" Idema

"Jack" 、本名 Jonathan Keith Idema はアメリカ政府の正式な許可なくアフガニスタンで準軍隊を組織し違法な拷問行為を行ったとして現地で有罪判決を受けたアメリカ人である。この犯罪癖のある退役軍人は、9.11同時多発テロ後、自分がアフガニスタンで活躍するドキュメンタリ映画を製作したがった。この欺瞞に満ち溢れた男は、アメリカ陸軍特殊部隊、通称グリーンベレーを自称し、現地でアルカイダと戦っている特殊部隊員であるかのようにメディアをだまし続けた。「グリーン・ベレー」「フレンチコネクション」などのベストセラー作家であったロビン・ムーアに THE HUNT FOR BIN LADEN という自分を投影したフィクションすら書かせた。さらに現地で傭兵を雇い、無実のアフガニスタン人を捕虜とし虐待を行った。勝手にアフガニスタンで「テロとの戦い」を演じたジャック・イデマはカブールでアフガニスタン警察に逮捕され懲役刑を受けるが、未だ自身の逮捕は陰謀だと訴え続けているという。

イデマについては、ロバート・ヤング・ペンドルトンのドキュメント 現代の傭兵たち の第9章に詳しく記されている。

その姿はポール・ワトソンを彷彿とさせる。ペテン師ポール・ワトソンも自らの姿をメディアに取上げさせ続けている。前妻から得た広い人脈は、イデマがしたように自らを正義の戦士に仕立て上げるのに大いに役に立っていることだろう。加えてポール・ワトソンのでたらめな作戦は軍人に憧れているかのようなヒーロー願望がある。イデマとそっくりな人物像だ。

しかし、改めてイデマについての部分を読み返してみると、実に腹立たしく、そこにポール・ワトソンが被って見えさらに頭にくる。興味がある人はぜひ読んでみて欲しい。イデマはジャガイモの顔の玩具に例えられ、「ミスター・ポテトヘッド」と呼ばれていたようだ。ならばどこぞの船長には「キャプテン・ポテトヘッド」の称号がふさわしい。

キャプテン・ポテトヘッドが組織したヒッピー集団が野放しになり支持されてしまうのは、海上という世界や海洋生物に対する人々の理解が薄いためだ。国すら理解しようとしていない。

キャプテン・ポテトヘッドはボクを訴えるだろうか?

来るならこいよ、戦闘用ナイフが8本とタクティカルフラッシュライトが3基、家の回りに犬が2匹と猫が1匹いるからな
スポンサーサイト

No Sea Shepherd 言葉に隠れる Impostor を倒せ

ペテン師ポール・ワトソンは狡猾である。悪運が強かっただけなのかもしれない。
said Captain Paul Watson.
Captain Paul Watoson said.
見飽きたフレーズだ。ヒッピー集団のシーシェパードが声明を出すときの決まり文句だ。
ポール・ワトソン船長が言った
それだけである。ペテン師ポール・ワトソンはプロのスピーカーだ。アニマルライツ2009の彼の演説を見てみよう。http://www.youtube.com/watch?v=2O8D5lPGTgw&feature=player_embedded


ペテン師ポール・ワトソンは常に
illegal whaling
という言葉を使い続けてきた。判決も出ていない事例に対し違法だ、犯罪だと叫び続けてきた。これは見事に成功してしまった。ならばボクもそうしようと思う。
Impostor Paul Watoson

残念ながら、今インターネット上で No Sea Shepherd を叫んでも効果がない。検索エンジンは Yushin Maru No. 3 のように日本の船名を拾ってしまうのである。
インターネット上にはヒッピー集団シーシェパードの活躍を映した動画も数多く出回っている。しかし、評価やコメントをつけることを禁じる設定にしていることが多い。
ヒッピー集団は言葉に隠れながら力をつけてきた。しかし、時代は変わりつつある。多くの人々がその稚拙な活動を目にすることができるようになった。この Impostor を倒すことはできる。

No Sea Shepherd(シーシェパードなき世界へ)

核より前に片付けなければならない問題

日豪は「核なき世界へ」共同声明を出した。
今、核兵器の脅威は薄れてきている。精密誘導兵器などの通常兵器が抑止力として代替可能となっているからだ。アメリカが核戦力の削減を宣言したのは、技術的にそれが可能となったからである。核兵器により権威を保とうとする者が恐れているのは自分の一族だけを確実に殺すことができる精密誘導兵器だ。

今、日豪がやらなければならないのは、ヒッピー集団シーシェパードの排除である。この集団は両国間の関係を悪化させている。ラッド政権は守りに出た。次期選挙までに日本を提訴すれば公約違反にはならず、国際法廷で判決がどちらに転ぼうが損はない。だがこの状況はペテン師ポール・ワトソンに「我々が動いたから政府も動いた」という実績を与えてしまった。今期の調査捕鯨終了後はヨーロッパで活動し、11月には南極海へ戻ってくる。ペテン師ポール・ワトソンは常に「政府の腐敗」を訴えてきたが、ここまできたら世界は豪政府とヒッピー集団の癒着を疑ったほうが良い。

シーシェパードなき世界を実現させるために

シーシェパードの実体を世界に打診すること
 シーシェパード、ことにペテン師ポール・ワトソンの声明は信用できない。だが、英語圏のメディアはこれを取上げる。日本側がこれに対応しないからだ。シーシェパードは映像を小出しにして自分たちの都合の良いように演出している。これを防ぐには、ヒッピー集団の活動の一部始終をとらえた映像を日本が記録しておくことだ。

日本の調査捕鯨従事船の警備を強化すること
 日本はLRADを過大評価しすぎた。出力をおさえているのだろうが、シーシェパードの映像から抑止効果がないことがはっきりした。さらに船内への乗り移りが容易であることもはっきりした。砲水管を増設する前に、以下の物を完備しておくべきだろう。
・ハンディサーチライト
 攻撃者の視覚を一時的に奪う。継続して使えば攻撃者の戦意を削ぐことができる。点滅機能があれば不快感を与える。夜間の監視にも有用である。メガレイMR175など最適ではないだろうか。
BBレーザー
(財)日本鯨類研究所 提供
ライトならば船内からのレーザーの照射もけん制できる
・ナイトビジョン
 夜間の接近を感知する。
・さすまた、ネットランチャー
 潜入者を安全に拘束する。不法侵入してきた者に接近することは危険である。


我々第三者がやらなければならないこともある。

捕鯨問題を人種問題と結びつけない
捕鯨問題を歴史問題と結びつけない
捕鯨問題を国内の問題と結びつけない
研究論文を根拠に捕鯨問題を議論しない
 相手国を罵れば協力は得られない。
 歴史や他の問題と同列に比較すればきりがない。
 鯨類の生態については科学的な結論は得られていない。

今やらなければならないことは、カナダ人が設立した過激派組織の活動を停止させることだ。シーシェパードなき世界へ。
No Sea Shepherd.

発射筒の出所を追え

犯罪に使われた凶器を追えば、犯罪の背後にある存在にたどり着ける。

海上保安庁により事情聴取されることになる Pete Bethune だが、ボクが担当ならばガス圧利用の発射器について追求する。映像を見る限り、Pete Bethune はアロー/ボトルランチャーを多く手にしている。この出所は重要である。本人の自作であるならより罪を追求できる。しかし、これが貸与されたものなら?他の人員が製作したのならば、その人物をマークしなければならない。今後、そいつが継続的に武器を供給し続けることになる。Bethune が拘束された後に同様の発射筒がタイミングよく登場している。番組制作のためにアニマルプラネットのスタッフが製作した、あるいは製作、使用を提案したとは考えられないだろうか。Whale Wars は明らかなヤラセをする。ヒッピー集団はともかく、Bethune の供述次第ではアニマルプラネットに圧力をかけなければならない。

無船籍のBB内にこれらの装置が残されていれば臨検により拿捕できる可能性があるが、それらはSIに移されてしまっただろう。オーストラリア内、ニュージーランド内の法律についてはわからないが、両政府ともこのような装置を所持した集団を取り締まる気配がない。恥さらしなヒッピー集団を使い日本へけん制を続けるつもりだ。

ガラスの恐怖

ヒッピー集団のシーシェパードがガス圧を利用した投擲器を新たに投入してきた。日本鯨類研究所が公表した映像ではガラス瓶が船内に飛んでくる様子がよくわかる。一部は化学繊維の網を破るほどの威力がある。これを「たいしたことがない」という人は、裸足の足元にガラス瓶を叩きつけて欲しい。ためらわずにできるだろうか?ガラスの破片はあなたの足を傷つけるだろう。頭上からガラス瓶を故意にあなたの近くに落としてくる者をあなたは許せるだろうか?さらにビンには塗料や酸性の液体が入っているとしたら?それを「人命に関わらない行為だ」と主張し横行する者は許してはならない。

ボクは窓ガラスを殴って親指の関節部分をそぎ落とし、5針ほど縫った。当時はガラスの切れ味を知らなかった。ガラス片は簡単に人を傷つける。海岸の砂浜に落ちているだけで裸足の人の足を傷つける。ホテルの一室から落とされたガラス瓶が近くで破裂したときなど、その部屋の宿泊者に殺意を覚えた。

人を脅かすのはなにも軍用の銃や兵器ばかりではない。今、日本で銃やナイフで死傷する人よりは、交通事故により死傷している人の方が圧倒的に多い。現在国外で治安維持にあたる兵士たちの命を脅かしているのは、敵対勢力の最新鋭の兵器ではなく、日用品から作られるIED(即席爆発装置)のようなものである。

物事を主張して行動を起こす連中より、こうした事態に対応する人々を支持するべきだ。デモ集団に対峙する治安維持部隊の隊員たちは良くやっている。はらわたが煮え返るような汚い罵声に対しても指示があるまでは行動を起こせない。投石に対しても耐えなければならない。今、南極海で調査捕鯨に従事している人たちはそうした行為に対応する職務の専門員ではない。この人たちに対し一方的に敵対行動を示す集団を許してはならない。ガラス瓶を投てきする人物に対して法が適応されないのであれば、防衛手段として行動不能にできるまで出力を上げたLRADで対応するべきである。高輝度のライトを照射して投てき行為を制止すべきである。

当事者の言葉

第二昭南丸とAGの衝突について、ペテン師ポール・ワトソンと日本の報道はまったく信用できないが、当事者から少しは信頼できる証言があった。衝突時、AGの船首にいた Jason Stewart の言葉だ。
http://www.stuff.co.nz/auckland/3330222/Smashing-time

第二昭南丸とAGの衝突は事故だとボクは思っていたが、証言内容が一致する。Jason Stewart はAGの船首にいて、衝突する3、4秒前まで第二昭南丸の存在に気がついていないと話している。船上の5人の誰もが直前まで Stewart に危険を知らせていなかったのだ。衝突直前の加速は危険を察知した Stewart によるものである可能性がある(そのことには触れられていないが、BBと併走したとしている)。
このときAGは燃料不足だったようだが、日新丸への妨害のためBBから物資を受け取りながら航行を続けた結果であったようだ。衝突後の心境や、生き延びるための思考は共感できるものがある。ボクは流れの激しい海に放り出された時、とっさに背中のキャメルバック(運動中にチューブで飲料を吸飲する装置)に息を吹き込み浮力を確保したのを思い出した。

記事の最後は「Stewart は作戦から外れていない」と締められているが、彼にはあのヒッピー集団と関わらないで欲しい。Pete Bethune は自らの船を維持するためかシーシェパードに加担し、日本への報復とも思える暴挙に出たが、死を覚悟し、当時の状況を語った Stewart は信頼できる。あなたが命をかけてもシーシェパードはその見返りを支払ったりはしないだろう。

WHALER WARS

日本鯨類研究所は時刻を表示せよ
ペテン師ポール・ワトソンは「日本は自らの催涙スプレーで自傷した」と主張し、映像を公開した。動画の画素は荒く、船員が発射煙を浴びて困惑しているように見える。2月11日はヒッピー集団の妨害が最も激しかった。反撃する必要があった。日本鯨類研究所は写真と動画を公開しているが、時刻を表示していないため証拠能力に乏しい。動画では毎回撮影者に腕時計で船内時刻を表示させているが、たいていのカメラに時刻の表示機能があるだろう。ペテン師ポール・ワトソンは映像を小出しにして嘘を作るのが巧い。同時刻にどういう状況にあったのかを明らかにし、あのペテン師の矛盾を指摘しなければならない。

WHALER WARS を公開せよ
日本側は映像をマスコミに無償提供しているが、これでは英語圏の物量に押されてしまう。また、映像はヒッピー集団の活躍しか映されていない。船内ではどれだけの被害が出ているのか、リアルタイムに報じよ。船員にインターバル撮影機能を持ったカメラや小型のビデオカメラを装着させよ。これらを WHALER WARS としてWHALE WARS の公開前に発表し、その視聴価値をなくせ。予算がおりないというのなら、個人的にカメラやライトを寄付しても良い。

Sea Shepherd Arsenal

ペテン師ポール・ワトソンはホームページ上で捕鯨砲とカメラを並べ Which Arsenal is Used by Terrorists? などと訴えかけているが、その内容には反吐が出る。これがシーシェパードアーセナルだ。
シーシェパードアーセナル
(財)日本鯨類研究所 提供の画像を編集

カイシュウされていた発射筒

以前 Pete Bethune らが所持する圧縮ガスを利用して矢を発射する装置について触れたが、今回は筒状の物体を発射していることが映像から確認できた。
ベシューンのランチャー
(財)日本鯨類研究所 提供
2010年2月11日 圧縮ガスを利用した発射筒を発射した Pete Bethune
アローランチャー
(財)日本鯨類研究所 提供 写真を編集
このときは飛翔体の軌道が直線的で矢を発射していたと推測できる。

銃を使用できない船員はこれに対抗する手段はないのだろうか?ある。何度も示しているが、強力なライトである。日中にライトで照らされても目くらましにならないと思われてはいないだろうか。自動車のライトをハイビームにして直視してあなたは耐えられるだろうか、試してみて欲しい。日中にライトの照射位置を確かめるのは難しいと思われてはいないだろうか。ライトに照準器をつければ良い。アイアンサイトでもダットサイトでも良い。銃と同じように対象者に照準を合わせ、点灯すれば良い。ダットサイトにはレーザーフィルターを装着すればレーザーでの反撃に耐えられる。ヒッピーどもがサングラスをつけていても無駄である。写真のような状況ではカメラマン以外の目を船から逸らせることができる。長期的に使用すれば連中の視力は低下していくだろう。

ヒッピー集団シーシェパードも同じ事をするだろう。しかし、ライトはバッテリーやランプなど消耗が激しい。たかり屋シーシェパードは船は買えてもロープや薬品や発炎筒やレーザーやホームメイドの発射筒などと攻撃手段に対しては金を投じられないようである。加えて軍用の物は個人での輸出入が難しい。また、船外に出ていない限り日本側には実害はない。

ボクは調査捕鯨に関わる人たちのために、この手段を個人的に検証することにする。

シーシェパードを排除するまで

捕鯨問題の対立がこのブログにまで波及してきました。捕鯨支持者と反捕鯨支持者がネット上で対立しているようです。

ボクは鯨を食べます。調査捕鯨が商業捕鯨の偽装として機能してしまっていることも理解しています。しかし、この問題を思想や人種と結び付けてはいけないと考えています。

自分たちの主張を知らしめるために船舶やヘリコプターを使って国際対立を煽っている集団が30年間も活動し続けていることが問題だと考えています。ヒッピー集団であるシーシェパードの影響がない中で、国同士により捕鯨問題について対話できることを望みます。ボクはそのために余暇を費やします。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード