SHARK WATER

SHARK WATER
シャークウォーター 神秘なる海の世界 [特別版]

「海洋ヴィジュアル」の棚に置いてあったこのDVDが気になり購入した。
なんてことだ。「特別版」はボックスの為に裏の内容を見ることができない。
また、洋画を邦題化する際に副題は作品の内容を正しく伝えていないことが多い。

これは海の神秘にひたる内容ではなく、強攻な保護活動を啓蒙するドキュメンタリだ。
監督のロブ・スチュワートがシーシェパードと行動をともにし、延縄漁、フィニング(サメの鰭だけを切り取る行為)を批判する。捕鯨活動を妨害するシーシェパードがどのようなことを行っているのかがわかる。これはシーシェパードのプロモーションか?シーシェパードの行いには賛同しない。油を振りまく船を駆り、延縄と同じ危険性を持つロープランチャーやネット、異臭を放つ薬品を海に振りまき、人の命を奪う行為に賛同などできない。

サメ漁の現場は血塗れだ。漁師は限られたスペースの船上で、限られた時間の中で効率的に作業を進めなければならない。安全のためにも水揚げしたサメは殺す必要がある。食用にするには神秘的な身体も切り裂かねばならない。「漁師は金の為に」と字幕に出ているが、「生活の為に」であろう。マフィアの存在も疑問だ。漁師が違法操業やフィニングに走る背景を知らなければならない。生物学的に貴重な試料も漁師が捕らえたものであることが多い。

サメの弱さを知る意味では価値のある映画だと思う。サメが海水浴場の遊泳者を襲って食べると信じている人はその考えを変えるかもしれない。しかし、ホホジロザメやイタチザメとその他の種を同列にしてサメは危険ではないとは思ってはいけない。すべての種をサメと一括りにするのはネコとライオンを同じとして捉えることだ。ネコだと思ってライオンに近づけば牙や爪で裂かれるように、リーフ内のサメと同じ感覚で大型種に近づけば一噛みされて失血死するかもしれない。
スポンサーサイト

栓ぬきサメ

100円ショップでイカしたアイテムを見つけました。

栓抜きサメ

サメ特有の異尾に切れ目まで入れている点が素晴らしい!
ステンレススチール製で重量があり、手にしていて飽きない。
これで100円は安い。

しかし、サメマニアとしては外部形態を完全に再現してもらいたいと思います。

栓抜きサメ案

このくらい。

サメを食べる

 ヨミウリオンラインで、宮城県気仙沼市がサメ料理のレシピ集、市内8か所の飲食店を紹介した地図を製作したというニュースがありました。(11日)

 サメの肉は美味です。生ではきついかもしれませんが、下処理を施されたサメ肉は、やわらかく味が浸み込み非常に食べやすいのです。軟骨魚なので、皮の処理がきちんとされていれば鱗のある硬骨魚のように骨や鱗を気にする必要がありません。

 サメ肉は「低カロリー、高蛋白」と健康に結び付けられますが、サメを食べることは漁業資源の保護にもつながります。日本人はマグロ、イカ、イワシ、ウナギなどを好んで食べていますが、この偏食ぶりは生態系に影響を与えていると考えられています。資源を枯渇させないためには、これらに代わるものを食す必要があります。サメはその一端を担います。
 サメはけっこう漁獲されています。我々があまり目にしないのは、市場では価値が低いので漁獲時に海上で廃棄されているからです。定番の魚しか口にしようとしない食文化がこのような現状を生み出しています。
 サメは食物連鎖の頂点にいます。重金属の蓄積を気にされる人もいるかもしれませんが、それをいったらマグロも同じかそれ以上に重金属をその身に蓄えています。頭にいいという目玉の周りの脂肪が一番有害物質を含んでいます。健康の為にマグロ食べるのやめますか?

 ボクはサメもイルカもクジラもカメも食べます。「野蛮だ」「可愛そうだ」「変人」などと思うでしょうか?ボクに言わせればエコだ、ロハスだ、スローライフだと騒ぐ人たちが生み出す一時的な健康食ブームの方がよっぽど危険です。

 健康だ環境保護だを抜きにしてサメを食卓に取り入れてはみませんか?フカヒレだけがサメではないのです。

サメに隠された麻薬

6月18日讀賣新聞の英字版日刊でサメに関する事件を見つけた。

16日、メキシコ海軍は冷凍サメの体内から計1トン以上のコカインを押収した。マスクをした海軍士官らが20匹以上のサメを解体した。


新聞では写真を見ることができる。ネット上でもAFPBBニュースで画像を確認できる。サメは冷凍されて鰭を切り落とされているので判別できないが、小さいものは吻や口の形からヨシキリザメではないかと思う。

サメの骨格は軟骨で、脊椎を除けばいじり易い。また臭いもある。人が忌避する物に隠したいものを隠す手段は常套手段である。

メキシコはカルデロン大統領就任から麻薬の撲滅に力を入れているが、麻薬に絡んだ殺人が急増しているようだ。取り締まりに対する報復は残忍極まりない。これに巻き込まれたくなければ、麻薬には関わらないことが一番だろう。

交通事故

事故に遭い、全身に傷を負うわ、愛車は失うわ、加えて保険の絡みで事務処理に追われるわで散々な目にあった。事故直後には、手足の指を動かし、立ち上がって骨折の有無を確かめた。しばらく、面倒なことになる、自分が「物」として扱われる覚悟が必要だと思った。「被害者は守られるべきだ」などとは思ってはならない。被害者も動かなければ何も保証は受けられない。

救急車で「救急医療センター」に運ばれる。ここでは本当に最低限の診療しか受けられない。服は「返さなくてもいいです」ということで上下とももらえた。事故車は自分で処理しなくてはならない。いずれにせよ家族や知人の助けが必要になる。

病院へ行くが、事前に相手の保険会社へ連絡していないと料金は自分で立て替えなければならない。レントゲンを含めると数万円とかなりの金額となる。

擦り傷にはソフラチュールという薬品を浸み込ませた網状のものが当てられるが、肉質に食い込んで交換時に激しい痛みを伴い、再生した肉質も剥がし取る。これは勘弁してもらいたい。マルチフィックスと呼ばれる透明のフィルムは体液が溜まるが回復が早く感じられた。

営業時間帯となると相手や相手側の保険会社、職場など電話がひっきりなしに続く。こちらが歩行が困難な状況だろうとお構いなしである。家族の感情も厄介なものとなる。「(相手の)謝罪がない。誠意がない」「全額賠償させろ」などと本人より感情的になるため、冷静にさせる必要がある。相手への謝罪や保険会社の対応を望んではならない。話がこじれる。

交通ルールを遵守していてもヒューマンエラーで事故は起こる。特に2輪車は負傷しやすい。「長袖を着てればこんな怪我しなかったのに」と言われたが、路面はバックパックのストラップとエンデューロジャケットとシャツ越しにボクの肩の表皮をえぐりとった。ものものしいが、怪我をしたくなければエルボーガードやニーブレイスは必要だ。

傷は回復したが、物損に関する手続きが残っている。多くの時間が割かれ全く割に合わない。被害に合わない事。あっても被害を最低限に抑える自己防衛が必要だ。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード