新小銃と新拳銃の懸念について - 20式5.56mm小銃 と SFP9

防衛省が陸上自衛隊に配備する新型小銃と新型拳銃を一般公開した。
これにより詳細が明らかとなったため、懸念事項を挙げておきたい。


20式5.56mm小銃の懸念

銃床はオーバースペック

銃床はチークパッドの調整も可能であるが、私個人は不要と考える。短縮されたカービンライフルでマークスマンライフルのような精密性は不要であり、照準器側の位置を調整すべきだ。
そもそもガスマスク等を装面した際には銃床に頭部を依託できない。複雑な銃床を新造、標準化するよりも、簡素なものを標準化し、特殊用途の銃床を少数配備、交換できるようにしても良かったであろう。
射手や装備に合わせ銃床を調整できることは良い。ただ、チルト側の調整まで可能になってしまうと、射撃数の少ない陸上自衛隊において個々に最適な位置を見出すことが難しくなってしまうのではないか。


既存規格の被筒部

被筒部のレールはMAGPUL の M-Lok 規格のようである。
しかし、私はこの基部の形状を好きではない。被筒部を八角形にすれば保持しやすく、八面にレールを装着できたはずだ。
20式では被筒部の四面しか使用できず微妙な位置調整にはアタッチメントが必要だ。


グリポッドは必要か

公開時には二脚付握把を装着していたが、遮蔽物を利用した射撃の際に障害となる、従来の二脚より安定性に乏しいなどの問題がある。AR系の銃のようにマグウェルが拡張されているため、弾倉基部を握って対応することが多くなるだろう。
個人的には握把は不要と考える。


槓桿の位置に懸念

槓桿が左側面にあるが、私はこの構造を好きではない。初弾の装填を銃線を維持しつつ素早くできるという利点はあるが、部品数が増し、障害時にボルトの操作が難しくなる。
カラシニコフや64式、89式はボルトとハンドル部が一体化しており、直接操作することができる。薬室を視認しながら操作できる構造は安全面で優位だ。ハンドル部が射撃時に可動することは危険でもあるが、排莢口のクリアランスを保つ癖ができるので良い。
20式の槓桿はSCAR のように連動するようだが、銃左側面にも注意を払わねばならなくなる。これは危険な構造だ。


ボルトキャッチの操作性

20式には左右両面でボルトキャッチを操作できるようである。この構造は珍しく、操作性は良さそうである。89式は左面にボルトキャッチがあるが、操作部が小さいうえ、ボルトの力が強いため固定も解放も難しい。利き手とは反対の手でリリースをしなくとも良い20式の構造は非常に興味深い。


PMAG の使用を許可するのか

弾倉は MAGPUL の PMAG であった。
PMAG は米軍内でも使用の可否について揉めていたようだが、PMAG の使用を許すのであれば厳重な管理が必要になるのではないか。
PMAG は独特な形状であった89式のものと違い、米軍や民間で多量に流通してしまっているため、それらと混じると判別が不能になってしまう。
例えば 弾倉の紛失を隊員が米軍の放出品で自弁した などというあってはならない事案が起こりえることは容易に想定できるのだ。


アドオン式擲弾発射器は必要か

今回の報道ではアドオン式のグレーネードランチャーも展示されていた。なぜ Pietro Beretta の GLX160 なのか、この種の発射器を敬遠してきた防衛省がこれを展示した意図は不明だ。
銃一体型の擲弾発射器は歩兵の火力を大幅に増すように思われるが、使用者の射撃精度と体力を著しく奪う。また、使用者が死傷、武器を紛失した場合40㎜擲弾の利用が不能となる。
運用にあたって現場の人員に負荷がかかるようであればアドオン式の発射器は不要であると考える。


銃剣は必要か

20式は着剣可能である。
近年、諸外国の軍隊が銃剣戦闘訓練を削減しているため、銃剣不要を唱える識者がいるが、私は銃剣を必要だと考える。
閉所などでは味方を殺傷する危険があるが、着剣が必要になってくるのは制圧後であろう。
銃弾の破壊力を認識していない者は銃を恐れずに抵抗してくる可能性がある。興奮状態にある者、薬物使用者らは特にだ。鋭利なものはそういった連中にも心理的なプレッシャーを与えられるうえ、殺害してはならない状況下では銃弾よりも銃剣で人体に損傷を与えたほうがまだ延命できる可能性があるからだ。
20式用銃剣はワイヤーカッター機能をなくしているということだが、当然であろう。鉄線鋏カバーなどというゴミを精鋭の人員に管理させるべきではないし、私ならばケーブルカッターを持っていく。


SFP9 について

SFP9 については以前から懸念していたが、マガジンリリースが思ったほど使い勝手のいいものではなかったようだ。
公開された動画では引き金から人差し指を外し、その指でレバーを押下、弾倉を外している。
私はレプリカで握把を最小に設定して試行錯誤を繰り返したが、握りを緩めずに弾倉を外すことはできなかった。


次世代までの繋ぎの銃

今回の新小銃も新拳銃も戦局を一変させるようなものではない。米陸軍は次世代分隊火器NGSW(Next Generation Squad Weapon) のトライアルを行っており、弾薬の一新を図ろうとしている。
人民解放軍は5.56mm NATO よりもわずかに優位性がある 5.8mm DBP の改良を継続、新小銃 QBZ-191 を配備し始め、20式やSFP9 だけでは抑止力として極めて弱い。
操作性だけに限って言えば89式や64式の被筒部と銃床の改修でも事足りたように思う。

弾丸が変える現代の戦い方(二見龍、照井資規 著) という著書に新小銃について言及されており、共感できる部分があった。照井氏は 自衛隊を近代化するには銃剣を廃止し、7.62mm ブルパップ小銃、7.62mm軽機銃、7.62mmリモートウェポンシステム対応車載機銃を制式化、5.56mm を廃止すること と主張している。
私は銃剣と5.56mm 廃止には反対だが、7.62mm の拡充、ブルパップ小銃の限定的使用をしても良いと考えている。
(ブルパップであっても銃剣戦闘は可能であり、照井氏のいう有望な7.62mm のブルパップ小銃はイスラエルのTABOR 7 ぐらいしかなく、氏の主張はリスクが高すぎる。)
正規戦の撃ち合いではやはり火力が必要であるが、山中や市街地に潜伏したゲリラコマンドの掃討には5.56mm が必要だ。

89式に代わる次世代の小銃まで20式は繋ぎとしかならないだろう。
次世代の小銃は低コストでありながら敵方よりも優位性を示し、使用者の経験をフィードバックした操作性の良い銃となることを願う。

スポンサーサイト



新拳銃 SFP9 の操作性 - 構造の細部に懸念

防衛省が新拳銃に採用を決定した Heckler & Koch の SFP9 のレプリカから構造上懸念される問題がわかった。
私は実包を扱う立場にはないが、構造上の問題は下記のとおり。

レバーリリースのマガジンキャッチ
Hk のモデルはレバーの操作で弾倉を外すことができるが、USP や Mark23 よりも改良されているものの、SFP9/VP9 においても操作性がボタン式のものより劣る印象があった。私はやや指が長いと言われるが、それでもレバーの操作には握りを緩め手首を捻らねばならない。

照準が左右にずれる可能性
Hk の拳銃の照準には点が刻印されており視認性が良いが、照星がやや細く左右に照準がずれる可能性がある。他社の拳銃に熟練した射手、特に旧P220 に慣れた射手は照準に違和感を感じるかもしれない。細い照星は標的が隠れないという利点はあるが、照門の左右を等間隔に合わせるという見出しが必要になる。SIG SAUER P6 から SFP9 に更新したベルリン警察が射撃精度を問題視したのはこの点が一因ではないだろうか。
なお、照星後端とスライド間に若干の隙間があり、ここに衣類や装具の繊維がひっかかる可能性を私は懸念する。個人的には浸透性がない樹脂成分でロウ付してしまいたい。

左スライドリリースに問題
SFP9/VP9 は左右対称のアンビ構造を利点としているが、私にはその恩恵を感じられなかった。右利きの場合親指で操作するスライドリリースは小さく操作性が悪い。逆に左利き用の右スライドリリースの方が操作しやすい。個人的には P220 や Hk の旧モデルの方が圧倒的に操作しやすく感じた。
なお、Hk が特許を取得したというスライド後端の突起の恩恵はまったく感じられなかった。

新小銃と新拳銃の懸念について - HOWA5.56 と SFP9

12月6日、防衛省が陸上自衛隊に配備する新型小銃と新型拳銃を選定したと発表した。
豊和工業の新型小銃と、Heckler & Koch の拳銃を選定したことはこれまでの実績を考えれば無難であろう。
個人的に懸念される点を挙げておきたい。


新小銃の懸念

新小銃は伸縮型銃床とレールを標準で備えており、申し分のないものである。
89式小銃の銃床はやや長すぎており、アーマー着装時には違和感を感じるであろう。
個人的には64式の方が銃床がわずかに短く、居銃しやすく感じる。
射手や装備に合わせ銃床を調整できることは有意ではあるが、個々に最適な位置を見出すのには時間がかかる。

レールは拡張性があるように思われるが、光学照準器以外は使用頻度が少ないのではないか。
被筒部あたりは既存の銃でも手に痛みが出てくるが、レールはさらに耐え難い。
レールカバーを装着してもレール間の隙間に違和感があり、私はカバーを好きではなかった。
レールには握把を装着することも可能だが、遮蔽物を利用した射撃の際に障害となる。
結局、弾倉基部を握って対応することが多くなるだろう。
一番の懸念は整備面である。レールの溝に泥が付着した際には既存の銃より整備に時間がかかる。
カバーを装着したり、必要に応じて脱着しようにもそれらの管理はどのように行うのか。

公開されている資料には樹脂製の弾倉のように見えるものがある。
弾薬が視認できる透明な弾倉については訓練時には有用だが、野戦においては弾薬の金属光沢が敵方に発見される要因になる。
従来の弾倉を使用するか、テープや塗装などで秘匿する必要があるので新型の弾倉については調達数など、検討すべき点があるのではないか。


新拳銃の懸念

SFP9 はすでに欧米で普及しており、命中精度の高さに評判があるようであるが、レバータイプの弾倉取り外し機構のモデルは個人的には危惧する点がある。
HK 社の Mark23 というモデルがこのタイプの機構であったが、居銃時に弾倉が外れたことがあった。
レバーが被服に引っ掛かり、重量のある弾倉が前方へ飛び出していった。
SFP9 では改良されているようだが、Mark23 は握把を握り込むとリリースレバーに中指が干渉し操作できなくなってしまう。
Mark23 は握把が大きく、親指で下方に押し込む操作は困難であった。そのうち自然と添えた手の親指か、引き金から人差し指を外して親指で押すか、人差し指で押すかという操作をするようになってしまった。
現行の SIG SAUER P220 のボトムリリースは時代遅れのように思えたが、弾倉を確実に脱着できるという利点がある。
また、左手で拳銃を射撃し続け、再装填をしなければならないような事態はそうあるものでなく、アンビレバーではなくボタン式のモデルを導入しても良いのではないだろうか。

Mark23 は消音器を装着する都合、照星が高く、加えてエッジが鋭く被服に引っ掛かることがあった。
SFP9 の照星も他のモデルと比較しやや大きく見える。
取り扱いについては注意が必要になるのではないか。

さらに Mark23 はレーザー照準とライトが装着できたが、Wilcox 社のモデルには問題があった。
レールにアタッチメントを装着しモジュールを固定するのだが、急に居銃するとモジュールが外れ前方に飛び出していった。
レーザー、ライトのスイッチは引き金下部に配置されるが、これも操作性が悪く、中指で点灯できない場合、人差し指を引き金から外して操作するか、添えた手の指で操作することが多かった。
新拳銃に光学機器を装着するのであればそれらの選定も慎重に行うべきだろう。

2018年にドイツベルリン警察がSFP9 TR の弾倉脱落と照準調整の不良を指摘したとの報道があったが、ベルリン警察も SIG SAUER P225 から切り替えており、同様の事態が導入当初に起こりえるのではないか。

富戸のイルカ追い込み再開 - 警戒すべき団体について

静岡県伊東市の富戸港でイルカの捕獲再開の報道がされた。
生体捕獲のみとされているが、過去にハラスメントを行った集団はこれを許さないだろう。
過去にも投稿したが、警戒すべき団体は下記のとおり。


エルザ自然保護の会
http://elsaenc.net/
故藤原英司の主催団体。イルカ漁や捕鯨を批判し、海外へ発信し続けてきた。

IKAN イルカ&クジラ・アクションネットワーク
http://homepage1.nifty.com/IKAN/
早稲田大学のイルカ・クジラ会議から続く団体。イルカ漁、ことに富戸のイルカ漁に執着がある。

Dolphin Project
https://www.dolphinproject.com/
リック・オバリーことリチャード・バリ・オフェルドマンの主催団体。現在も和歌山県太地町にて関係者にハラスメントを継続している最も警戒すべき集団。

Life.Investigation.Agency
https://ngo-lia.org
動物虐待Gメンを標榜する長野県のNGO。公的機関との連携やメディアへの情報提供を行っているようであるが、その活動や広報手段に疑問がある。現在は豪州の Action for Dolphins と連携しており、カルロス・ゴーンの弁護を請け負った 高野 隆 弁護士を代理人に訴訟を起こした。富戸港へも人員を派遣する可能性を発信している。

BlueVoice
http://www.bluevoice.org
リック・オバリーことリチャード・バリ・オフェルドマンと同時期マイアミ水族館に所属していたカメラマン、ハーディ・ジョーンズの主催団体。当初、エルザ自然保護の会はハーディ・ジョーンズとともに反イルカ漁活動をしていた。


富戸港は太地港よりも首都圏からのアクセスが良く、これらの団体の人員が足を運んでくる可能性がある。
関係者にあっては港内の車両、人員について警戒を。
静岡県警は沿道に駐停車している車両や山林に潜伏を試みる者を事故防止の観点から厳しく取り締まっていただきたい。

早稲田大学は時折行われるイルカ関連の講演会などに問題がないか調査をすべきだろう。

港


イルカ漁提訴の NGO とは - 太地町提訴と同一関係者、和歌山県は毅然とした態度を

2月14日、イルカ漁の停止を求める訴えが和歌山地裁にあったとの報道があるが、これは過去に太地町を提訴した人物が関係している。和歌山県、県知事には毅然とした態度を願いたい。

Life.Investigation.Agency とは

提訴したのは Life.Investigation.Agency という団体の代表、矢吹 蓮 だという。
該当の人物については2008年から ヤブキ レン の芸名で活動していた俳優のようである。
この団体に関しては過去にアニマルライツを標榜する団体とともに確認していた。
メディアに動物や環境に関する摘発内容を提供していたようであるが、他者に対する攻撃的な内容を発信しておりその活動に疑問がある。
私個人としては路面に血液で動物を描いたような写真を YouTube に掲載していることに嫌悪を覚える。


太地町の訴訟と同じ弁護士

記事によれば、代理人は 高野 隆 弁護士らとあるが、過去の太地町訴訟と同じ人物である。
また、Action for Dolphins という団体がこの訴訟を支援しているとあったが、この団体は Australia for Dolphins が改名したものである。 サラ・ルーカスが2月13日にブログにて本件を公表しており、本訴訟が太地町のイルカ漁を標的としたものであると記載している。

Action for Dolphins の2月13日のブログ
http://blog.afd.org.au/updates-on-taiji/were-challenging-the-taiji-dolphin-hunting-permit-in-court/


AFD の サラ・ルーカス の過去の訴訟については下記に投稿した。

サラ・ルーカスとは何者か - 財務状況を公表しない訴訟目的の団体 Australia For Dolphins
くじらの博物館訴訟について - 信用できない原告らの証言 Australia for dolphins


和歌山県は毅然とした対応を

私が訪れた太地町は、海と山を有する小さな町であった。鯨類の捕獲は自然と人の業があってこそのものだ。
ヤブキ や ルーカスらは自然を学ぶことがなかったのだろうか。
本訴訟は明らかに意図をもってなされたものである。司法がどのような判断を下すかはわからないが、県には相手側に譲歩することなく毅然とした態度を貫いていただきたい。

イルカの生け簀損壊について - 海保駐在所の対岸、油断か

13日、和歌山県東牟婁郡太地町のイルカの生け簀が損壊し、イルカが逃げ出していたという報道があった。
生け簀の損壊は許しがたい行為だが、警備側にも油断があったのではないかと私は思う。

太地港
漂流人記念碑から見た太地港。被害が確認された生け簀は写真の右側にある。


海保駐在所の対岸、油断か

被害が確認された生け簀の対岸の埠頭には海保の臨時駐在所がある。警備側の目の前で犯罪が行われたということだ。生け簀の北側には堤防があり、わずかな遊泳でたどり着けてしまう。夜間に潜水中の人員を発見することは難しいかもしれないが、犯行前後に兆候があったはずだ。

THECOVE岩から滑り落ちるシーシェパード
THE COVE より。2003年11月18日、アリソン・ランス・ワトソン(Allison Lance Watson、Paul F Watson の3人目の配偶者) と アレックス・コーネリソン(Alex Cornelissen、現シーシェパードグローバル構成員) が網を損壊した際の映像。ウェットスーツを着用して犯行に及んだが、荒波に揉まれ無様に岩にしがみついていたようであり、保護逮捕された。


積極的な監視、情報収集を

今回の犯行について、反イルカ漁を主張する団体個人の言及が少ない。セクト化、ローンウルフ化した者による犯行である可能性もある。生け簀上、海中どちらで破壊行為を行おうとも、夜間不定期に船舶用の照明で周囲を照射してやればこのような犯行をけん制できる。既存のカメラと同等のものを設置してあれば犯人の特定は可能なはずだ。県警、海保には同じような犯行を許さないよう努めてもらいたい。

日本警察は大丈夫か? - 富山県警拳銃を奪われ死傷者

本日2018年6月26日14時ごろ、富山県富山市久方町奥田交番の警察官が刃物による襲撃を受け、拳銃を強奪され発砲により第三者が死傷するという事件が発生。
私は2016年に警察官が所持する拳銃が奪われ犯罪に使用されることを懸念した記事を投稿していたため、該当記事へのアクセスが急増した。

 日本警察は大丈夫か? - パトカーや拳銃を奪われている場合ではない

犯人は21歳男性、氏名が公表され自衛官経験者であることが推測されている。


本件については状況が判明しだい追記する。

ラスベガスで使用された銃器 - FN15 に Bump Fire Stock

10月1日に発生したアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの銃撃事件の犯行現場の画像が報道され始めている。犯行に用いられた銃の一つは先の投稿のバンプファイアストックの装着が認められた。

この銃は被筒と銃口の形状から FNハースタル社の FN15 Sporting と思われる。これに SLIDE FIRE を装着、照準はEOTech モデル552 を搭載し、弾倉はSureFire社の100連装 High-Capacity Magazine を装填している。これらは特別な改造ではなく、市販品を取り付けただけのものである。


AR15 にSLIDE FIRE、EOTech、60連弾倉を装着し射撃するシューターのレビュー動画
動画のようにSLIDE FIRE の装着は容易であり、60連弾倉は何度も作動不良を起こしていることがわかる

SureFire社の弾倉は100連装を可能とするが、バネの圧が標準のものとは異なり半自動の射撃でも作動不良を起こす。犯行は計画的に行われたかのように見えるが、射撃の技術は未熟で極めて身勝手な男であったことが銃を見てわかる。

画像には複数の銃器の他、多連装の弾倉が十数個認められ、千数百発の実包が持ち込まれていたと考えられる。これだけの量の火器弾薬を持ち込むためにパドックは宿泊中に運搬を繰り返したはずだが、それを阻止できなかったホテル側のセキュリティも追及されるべきだろう。


関連エントリ
ラスベガスで使用された銃器 - 簡易な全自動化とは

ラスベガスで使用された銃器 - 簡易な全自動化とは

10月1日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの銃撃事件では多くの死傷者が出てしまった。公開された動画では発砲音が軍用の自動小銃より低サイクルで旧式の機銃と似ていた。犯人は半自動の小銃を改造した銃を所持していたと発表されている。


現時点で合法的な全自動化

半自動の小銃を自動化するには内部機構の部品を加工することで可能であるが、これは違法である。しかし、外装を交換することで擬似的に全自動に近い発射サイクルを得ることができる製品がある。


Slide Fire 社の製品紹介動画
半自動の小銃を全自動のように作動させている

米国で流通しているのはバンプファイアストック(Bump Fire Stock) と呼ばれる銃把と銃床が一体化した外装である。銃本体と銃把銃床を分離し、射撃時の反動を利用して射手に引き金を引かせ続ける簡素なものだ。本体が銃床を基に動くが全自動と変わらないほどの発射サイクルを得ることができる。
様々なモデルが販売されており、アーマライト系はもちろん、カラシニコフ系の他、半自動ショットガンに対応したモデル、ユーザーによる自作品もインターネット上で認められる。

産経ニュースはトリガークランクという引き金の改造部品を可能性にあげているが、これでは動画のような安定した射撃を得ることはできない。バンプファイアストックを装着した複数の小銃が使用されたと米国では報道されている。


規制はできるか

このような事件が起こる都度、規制についての議論が起こるが、バンプファイアストックの規制は難しいように思える。樹脂や金属の造形物を法令で取り締まるのは難しく、このようなものは個人でいくらでも作成が可能だ。ストックを使用せずとも、銃の保持方法で半自動でも全自動のように射撃できる技術もある。全自動の銃を所持した未熟な射手よりも、半自動の銃でも正確な射撃を行う射手の方が脅威である。


日本でも警戒が必要な高層階

この事件は日本国内のセキュリティにも課題をつきつけたといえよう。高層階からの射撃や投擲が無差別殺傷を可能とすることが実証されてしまったからだ。自動小銃でなくとも、簡素な投擲装置により爆発物を多人数が集まる場所へ発射されれば死傷者が複数出ることが想定できよう。



※10月3日、NHKで放送された ニュースチェック11 という報道番組では本事件の解説映像で、豊和工業が製造し自衛隊が使用している89式小銃の3Dモデルを使用していた。89式小銃がラスベガスで使用されたかのような映像は不適切である。本記事をもって、日本放送協会の同番組映像編集者には抗議する。

北朝鮮に流出した暗視装置は GVN-401 か - 疑われる中国からの流出

北朝鮮特殊部隊に配備された暗視装置について調べた結果、GVN-401 に形状が酷似していることがわかった。
GVN-401 はスペインの Empresa Nacional de Optics SA (現 indra グループ)が製造した擬似双眼型のナイトビジョンで、中国がGen2、Gen3 の増幅管を内蔵したモデルを導入しており、これらが流出したことが疑われる。
スペインにも北朝鮮に武器の輸出を図った有力者の存在があったが、中国の鉄帽、迷彩服とともに大量に流出した可能性のほうが高い。

現状では北朝鮮の小銃には光学照準器の装備が認められず、ナイトビジョンの運用は限定的なものになると想定される。

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード