ドルフィンベェイスの生け簀が破壊される - 考えられる犯人像

1月4日、和歌山県東牟婁郡太地町のイルカを飼育する施設の網が破断されたという報道が出ている。
被害を受けたのはイルカと交流が可能な施設 ドルフィンベェイス で海上の生け簀の西側の二基が破断し7頭のうち4頭が生け簀の外に出たのち、3頭が戻っているという。
太地町には国内外から複数の反社会的集団がやってきて問題行動を起こしているが、今回は民間の飼育施設が被害を受けており、動機はドルフィン・プロジェクトの主張と一致している。


ドルフィン・プロジェクト

自称リック・オバリー(本名 Rechard Barry O'Feldman)の主催団体。シーシェパードとは異なり、哲学的な思想でイルカの捕獲と飼育に反対している。日本国内でイルカ漁とイルカの飼育に反対する エルザ自然保護の会、サークリットなどと協調しており、太地町の事情に詳しい。
2016年の12月30日に被害が認められていないことから、大晦日から正月三が日の間に犯行が行われたことになる。犯人が施設の様子を観察していたか、日本の事情に詳しく計画的に実行した可能性がある。

THECOVEオバリーがイルカを解放し始めたのはキャシーの死後6日後
THE COVE より
1970年にビミニ諸島のラーナー研究所のイルカの生け簀を破壊し逮捕された自称リック・オバリー(本名 Rechard Barry O'Feldman)。このとき、自称リック・オバリーはボートでイルカを追いかけ回したが生け簀の外に出ていかず自首したと主張。

THEBLACKFISHとリック・オバリー
2010年に太地町の生け簀を破損させたと犯行声明を出したオランダの The Black Fish のブログより。
2016年6月に自称リック・オバリーとオランダ国内で接触していた。

Iama

2016年9月1日10時ごろ、ドルフィン・プロジェクトに参加する日本在住の Heber Takemi Iama (パラオ共和国コロール州出身の岐阜県美濃加茂市在住)が facebook にアップロードした動画。海上保安庁第5管区いわみ型巡視船きい に異常接近した動画の他、ドルフィンベェイスの生け簀を撮影しながら持論をポルトガル語で主張する動画をアップロードしていた。水上オートとダイビング機材を所有していること、シーシェパードの活動に関心を持っていることを facebook 上に公表している。


森浦湾
森浦湾の様子
犯人は人気を避け施設の西側から接近したのだろうか。水上オートなど小型の船舶で接近することも考えられよう。今後はイルカ漁やくじらの博物館以外の警戒も必要となるだろう。

どのような理由があろうと、生け簀の損壊は罪である。イルカの解放を訴える連中はさっさと捕獲されたイルカを買い取り海へ返す計画を実行に移せ。それだけの資金を集めながらイルカの解放を実行せず、THE COVE などという映画を制作に興じた連中に大義などない。

ドルフィンプロジェクトを支持しない

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

4頭中3頭が戻ってきた

逃げた4頭のうち3頭が戻ってくるところが、犯人の連中にとっては痛烈な皮肉化と思います。
そこは大いに宣伝したほうがいい。

No title

こんばんは
このようないけす 防御難しいでしょうね
丘からの潜入は 警報装置などである程度は防げるでしょうが
海から来られると・・・・・・・

Re: 4頭中3頭が戻ってきた

最終的に4頭すべてが戻ったそうですね。
自称リック・オバリーはそれを体験しているので飼育、訓練自体を悪と主張しています。
本件は実行犯が絞れるものなので、公安関係者には襟を正していただきたいものです。

カズ様
たしかに海上の警戒監視は難しいものがあります。
私なら動体検知機能を持つカメラソリューションを提案しますがコストがかかります。
本件では低照度でも運用できるカメラの設置が最善となるでしょう。
防御の要は人です。権限を持つ県警と海保には尽力いただきたいものです。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード