スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿河湾産サクラエビ不漁 - 環境要因の解明必要

静岡新聞社がサクラエビの不漁について特集を多く出している。16日には興味深い記事があった。
山梨県早川町の採石業者が汚泥を不法投棄していたというものだ。

漁業者らの間では富士川の濁りが不漁に関連しているのではないかと指摘されてきたようだが、的外れなものではない。
サクラエビのような甲殻類は幼生期に汚濁の影響を受ける可能性がある。


プランクトンは粘土で死滅する

かつては生活排水による富栄養化でプランクトンが異常発生する赤潮が多く発生していた。赤潮は海域を無酸素状態にし、周辺の生物を窒息死させるため、養殖業界に深刻な被害をもたらす。
この防除に粘土を用いた方法がある。モンモリロナイトなど粘土鉱物を散布、プランクトンに摂取させることで沈殿させるのだ。
サクラエビはノウプリウス、エラフォカリス、アカントソーマ、とプランクトン生活を経て成体となるのだが、これらは汚濁の影響を非常に受けやすい状態にある。サクラエビの生態については不明なことが多いが、富士川河口の汚濁がサクラエビの産卵場所である浅瀬の幼生を死滅させている可能性は考えられないだろうか。


多角的な環境要因の解明が必要

上記の要因は不漁の仮説の一つでしかない。資源学的な考えの他、環境要因の解明が必要であろう。
海流、海水温、競合生物の分布など。近年はオリンピック関連事業、リニア開発、水害の影響により河川の土木工事も進んだ。
乱獲のみを原因と考えず、サクラエビの生態の究明はもちろん、環境要因の解明も必要となるだろう。


スポンサーサイト

イルカ漁提訴の NGO とは - 太地町提訴と同一関係者、和歌山県は毅然とした態度を

2月14日、イルカ漁の停止を求める訴えが和歌山地裁にあったとの報道があるが、これは過去に太地町を提訴した人物が関係している。和歌山県、県知事には毅然とした態度を願いたい。

Life.Investigation.Agency とは

提訴したのは Life.Investigation.Agency という団体の代表、矢吹 蓮 だという。
該当の人物については2008年から ヤブキ レン の芸名で活動していた俳優のようである。
この団体に関しては過去にアニマルライツを標榜する団体とともに確認していた。
メディアに動物や環境に関する摘発内容を提供していたようであるが、他者に対する攻撃的な内容を発信しておりその活動に疑問がある。
私個人としては路面に血液で動物を描いたような写真を YouTube に掲載していることに嫌悪を覚える。


太地町の訴訟と同じ弁護士

記事によれば、代理人は 高野 隆 弁護士らとあるが、過去の太地町訴訟と同じ人物である。
また、Action for Dolphins という団体がこの訴訟を支援しているとあったが、この団体は Australia for Dolphins が改名したものである。 サラ・ルーカスが2月13日にブログにて本件を公表しており、本訴訟が太地町のイルカ漁を標的としたものであると記載している。

Action for Dolphins の2月13日のブログ
http://blog.afd.org.au/updates-on-taiji/were-challenging-the-taiji-dolphin-hunting-permit-in-court/


AFD の サラ・ルーカス の過去の訴訟については下記に投稿した。

サラ・ルーカスとは何者か - 財務状況を公表しない訴訟目的の団体 Australia For Dolphins
くじらの博物館訴訟について - 信用できない原告らの証言 Australia for dolphins


和歌山県は毅然とした対応を

私が訪れた太地町は、海と山を有する小さな町であった。鯨類の捕獲は自然と人の業があってこそのものだ。
ヤブキ や ルーカスらは自然を学ぶことがなかったのだろうか。
本訴訟は明らかに意図をもってなされたものである。司法がどのような判断を下すかはわからないが、県には相手側に譲歩することなく毅然とした態度を貫いていただきたい。

イルカの生け簀損壊について - 海保駐在所の対岸、油断か

13日、和歌山県東牟婁郡太地町のイルカの生け簀が損壊し、イルカが逃げ出していたという報道があった。
生け簀の損壊は許しがたい行為だが、警備側にも油断があったのではないかと私は思う。

太地港
漂流人記念碑から見た太地港。被害が確認された生け簀は写真の右側にある。


海保駐在所の対岸、油断か

被害が確認された生け簀の対岸の埠頭には海保の臨時駐在所がある。警備側の目の前で犯罪が行われたということだ。生け簀の北側には堤防があり、わずかな遊泳でたどり着けてしまう。夜間に潜水中の人員を発見することは難しいかもしれないが、犯行前後に兆候があったはずだ。

THECOVE岩から滑り落ちるシーシェパード
THE COVE より。2003年11月18日、アリソン・ランス・ワトソン(Allison Lance Watson、Paul F Watson の3人目の配偶者) と アレックス・コーネリソン(Alex Cornelissen、現シーシェパードグローバル構成員) が網を損壊した際の映像。ウェットスーツを着用して犯行に及んだが、荒波に揉まれ無様に岩にしがみついていたようであり、保護逮捕された。


積極的な監視、情報収集を

今回の犯行について、反イルカ漁を主張する団体個人の言及が少ない。セクト化、ローンウルフ化した者による犯行である可能性もある。生け簀上、海中どちらで破壊行為を行おうとも、夜間不定期に船舶用の照明で周囲を照射してやればこのような犯行をけん制できる。既存のカメラと同等のものを設置してあれば犯人の特定は可能なはずだ。県警、海保には同じような犯行を許さないよう努めてもらいたい。

日本警察は大丈夫か? - 富山県警拳銃を奪われ死傷者

本日2018年6月26日14時ごろ、富山県富山市久方町奥田交番の警察官が刃物による襲撃を受け、拳銃を強奪され発砲により第三者が死傷するという事件が発生。
私は2016年に警察官が所持する拳銃が奪われ犯罪に使用されることを懸念した記事を投稿していたため、該当記事へのアクセスが急増した。

 日本警察は大丈夫か? - パトカーや拳銃を奪われている場合ではない

犯人は21歳男性、氏名が公表され自衛官経験者であることが推測されている。


本件については状況が判明しだい追記する。

No Sea Shepherd - アディダス、シーシェパード関連団体パーレイと事業展開 adidas Parley

残念なことだ。ドイツのスポーツ用品メーカーの アディダス(adidas) がシーシェパード関連団体Parley for the Oceans と提携した事業展開を本格化していた。今やアディダスはパーレイシリーズを国内正規販売している。残念なことだ。

パーレイフォージオーシャンズ(Parley for the oceans) とは、シリル・ガッシュ(Cyrull Gutsh、シリル・グッチとも) が2012年6月に シーシェパード(Sea shepherd) の ポール・ワトソン(Paul F Watson) に会ったことを機に設立した自称クリエイター集団である。アディダスグループの幹部 Eric Liedtke もこの設立に関与しており、アディダスは、 PARLEY創設メンバーの一員として、コラボレーションとクリエイティビティを通じ、PARLEYによる数々の取り組みをサポートする としている。


なぜ パーレイ を支持すべきでないか

なぜ私がパーレイを批判するのか。理由はパーレイ は シーシェパード と緊密な関係であるからだ。設立自体が暴力行為と海洋への人工物投棄を繰り返した集団なのだから、いつその原点に回帰してもおかしくない。現に海岸清掃などでパーレイはシーシェパードの人員を動員している。

parleyseashepherdchile.jpg
2018年4月29日、パーレイとシーシェパードチリ支部が行った海岸清掃の投稿、Parley for the Oceans の facebook より
これにより2トンの人工物が回収されたというが


Sankei News Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=AwgJ3iEch8Y より
シーシェパードが反捕鯨活動などで海洋に投棄した化繊などは、2012年の時点で少なくとも10トンにも及んだ。


PARLEY OCEAN PLASTIC に価値はあるか

アディダスは海に浮かぶプラスチックゴミを再利用した素材を PARLEY OCEAN PLASTIC として商品に採用、販売しているが、その原点はシーシェパードが回収したという漁網である。
ALFイスラエルのアイスフィッシュ
ALF(Animal Liberation Front、動物解放戦線)イスラエルを名乗る者が作成した画像
Seashepherd Global の写真を利用している。
ALF は目的のために殺人や破壊行為をいとわないテロリスト集団であり、シーシェパードとも関連が依然強いと疑うべきだ。

adidasandParleyfortheoceans
アディダス、PARLEY FOR THE OCEANS とともに国連の気候変動イベントにてサステナビリティ・イノベーションを発表
http://preview.thenewsmarket.com/Previews/ADID/DocumentAssets/389985.pdf より

これを機にアディダスはパーレイシリーズを商品化してきたようだが、再生プラスチックには問題がある。不純物の混入による品質の低下は避けられず、再生段階でエネルギーが消費され別の環境問題を生じている。故に私は過去に不法行為を行った集団と関連が強い集団が関係するうえ、根本的な問題を解決していない高額な商品コンセプトには賛同しない。アディダスがこのような商品を国内正規販売していることは極めて残念なことである。


Run for the Oceans に参加すべきか

アディダスは6月8日から Run for the Oceans というキャンペーンを始めたようだ。内容はスマートフォン用アプリで該当のコミュニティに参加し、1キロメートルの走行ごとに PARLEY OCEAN PLASTIC PROGRAM に1米ドル寄付されるというものだ。仮に私がアディダスの熱烈なファンだったとしても、本キャンペーンには参加しないだろう。海洋への人工物投棄が問題ならば人工物の消費を抑制することが最優先であるはずなのに、なぜ我々が走らねばならないのか?

私はアディダス商品の利用を停止し、別のブランドの製品を利用している。これらは可能な限り長く使用するつもりだ。アディダスグループの方々には今一度、自社の商品展開について考えていただきたい。

parley.jpg
Parley for the Oceans のホームページより
Parley for the Oceans の設立者は海上での暴力、不法投棄を指示したポール・ワトソン、和歌山県の人々を冒涜した内容を発信し続けたルイ・シホヨスらを支持している。このような集団とのコラボレーションを維持するアディダスの現方針に私は強く反対する。


関連エントリ
No Sea Shepherd - アディダス、シーシェパード関連団体とコラボを継続
No Sea Shepherd - アディダス、シーシェパード関連団体と最悪のコラボ

ラスベガスで使用された銃器 - FN15 に Bump Fire Stock

10月1日に発生したアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの銃撃事件の犯行現場の画像が報道され始めている。犯行に用いられた銃の一つは先の投稿のバンプファイアストックの装着が認められた。

この銃は被筒と銃口の形状から FNハースタル社の FN15 Sporting と思われる。これに SLIDE FIRE を装着、照準はEOTech モデル552 を搭載し、弾倉はSureFire社の100連装 High-Capacity Magazine を装填している。これらは特別な改造ではなく、市販品を取り付けただけのものである。


AR15 にSLIDE FIRE、EOTech、60連弾倉を装着し射撃するシューターのレビュー動画
動画のようにSLIDE FIRE の装着は容易であり、60連弾倉は何度も作動不良を起こしていることがわかる

SureFire社の弾倉は100連装を可能とするが、バネの圧が標準のものとは異なり半自動の射撃でも作動不良を起こす。犯行は計画的に行われたかのように見えるが、射撃の技術は未熟で極めて身勝手な男であったことが銃を見てわかる。

画像には複数の銃器の他、多連装の弾倉が十数個認められ、千数百発の実包が持ち込まれていたと考えられる。これだけの量の火器弾薬を持ち込むためにパドックは宿泊中に運搬を繰り返したはずだが、それを阻止できなかったホテル側のセキュリティも追及されるべきだろう。


関連エントリ
ラスベガスで使用された銃器 - 簡易な全自動化とは

ラスベガスで使用された銃器 - 簡易な全自動化とは

10月1日にアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの銃撃事件では多くの死傷者が出てしまった。公開された動画では発砲音が軍用の自動小銃より低サイクルで旧式の機銃と似ていた。犯人は半自動の小銃を改造した銃を所持していたと発表されている。


現時点で合法的な全自動化

半自動の小銃を自動化するには内部機構の部品を加工することで可能であるが、これは違法である。しかし、外装を交換することで擬似的に全自動に近い発射サイクルを得ることができる製品がある。


Slide Fire 社の製品紹介動画
半自動の小銃を全自動のように作動させている

米国で流通しているのはバンプファイアストック(Bump Fire Stock) と呼ばれる銃把と銃床が一体化した外装である。銃本体と銃把銃床を分離し、射撃時の反動を利用して射手に引き金を引かせ続ける簡素なものだ。本体が銃床を基に動くが全自動と変わらないほどの発射サイクルを得ることができる。
様々なモデルが販売されており、アーマライト系はもちろん、カラシニコフ系の他、半自動ショットガンに対応したモデル、ユーザーによる自作品もインターネット上で認められる。

産経ニュースはトリガークランクという引き金の改造部品を可能性にあげているが、これでは動画のような安定した射撃を得ることはできない。バンプファイアストックを装着した複数の小銃が使用されたと米国では報道されている。


規制はできるか

このような事件が起こる都度、規制についての議論が起こるが、バンプファイアストックの規制は難しいように思える。樹脂や金属の造形物を法令で取り締まるのは難しく、このようなものは個人でいくらでも作成が可能だ。ストックを使用せずとも、銃の保持方法で半自動でも全自動のように射撃できる技術もある。全自動の銃を所持した未熟な射手よりも、半自動の銃でも正確な射撃を行う射手の方が脅威である。


日本でも警戒が必要な高層階

この事件は日本国内のセキュリティにも課題をつきつけたといえよう。高層階からの射撃や投擲が無差別殺傷を可能とすることが実証されてしまったからだ。自動小銃でなくとも、簡素な投擲装置により爆発物を多人数が集まる場所へ発射されれば死傷者が複数出ることが想定できよう。



※10月3日、NHKで放送された ニュースチェック11 という報道番組では本事件の解説映像で、豊和工業が製造し自衛隊が使用している89式小銃の3Dモデルを使用していた。89式小銃がラスベガスで使用されたかのような映像は不適切である。本記事をもって、日本放送協会の同番組映像編集者には抗議する。

No Sea Shepherd - シーシェパード創始者の実態

シーシェパードの創始者である ポール・ワトソン(Paul F Watson) が対日活動からの撤退を公言した後、再度対日発言を行ったらしいので、この人物の行動、シーシェパードの実態の一部を公表する。


海洋哺乳類に接近しすぎたポール・ワトソン

paulwatsonseal
アザラシの自由を奪い走るポール・ワトソン
この行為は現カナダの海産哺乳動物規定に違反するものであった。

paulwatson
鯨体に乗り何かを主張するポール・ワトソン
この行為も生体であれば海産哺乳動物規定、アメリカの海産哺乳類保護法に違反する行為であり、死体であったとすれば倫理、道徳的に問題のある行為であった。

シーシェパード支持者の中にはアニマルライツを主張する者がいるが、ポール・ワトソン自身がアニマルライツを侵害している。現在、犬を飼育していることも確認済みである。


シーシェパードはビーガンではない

seashepherdspam
シーシェパードの船内の食料
ホーメル社の SPAM(肉製品)、ハムにチーズに卵が視認できる

ビーガン(菜食主義者)を掲げシーシェパードを支持する者がいるが、シーシェパードの奴らはビーガンではない。映像のように肉製品も摂取している。

現在、シーシェパードはOcean Warrior をサメ類の保護活動に動員しているが、この活動に創始者が命を懸けているようには思えない。この人物と関連団体の欺瞞については活動が続く限り調べさせてもらう。

noseaevil

北朝鮮に流出した暗視装置は GVN-401 か - 疑われる中国からの流出

北朝鮮特殊部隊に配備された暗視装置について調べた結果、GVN-401 に形状が酷似していることがわかった。
GVN-401 はスペインの Empresa Nacional de Optics SA (現 indra グループ)が製造した擬似双眼型のナイトビジョンで、中国がGen2、Gen3 の増幅管を内蔵したモデルを導入しており、これらが流出したことが疑われる。
スペインにも北朝鮮に武器の輸出を図った有力者の存在があったが、中国の鉄帽、迷彩服とともに大量に流出した可能性のほうが高い。

現状では北朝鮮の小銃には光学照準器の装備が認められず、ナイトビジョンの運用は限定的なものになると想定される。

漁業改革に必要な市場改革 - NHK 週刊ニュース深読みを視聴し

9月2日、NHK の番組が漁業関係であったことから視聴した。

 NHK総合
 週刊ニュース深読み
 ギョギョギョッ!! 日本の食卓から魚が消える?
 http://www.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2017/170902.html

この番組は SNS 連動で視聴者の意見を募集しており、イラストや模型などでそれらが表現されていた。これまでのように漁業のみを批判するのではなく、消費者市場のあり方についても言及していたことはおおいに評価できた。

ただ、漁業規制改革を主張する勝川俊雄 東京海洋大学准教授の出演には違和感があった。氏のこれまでの著書やメディアでの発言は水産庁や漁業者を強く否定してきており、同番組でのトーンダウンした発言には疑問を覚えた。


漁業改革に必要なのは市場改革

水産資源を危惧するのであれば、同番組が言及した消費者の意識の変更は漁業規制よりも有効であろう。消費者が価格安を求め小売り側が値上げをせず一定量を求めればその負担は漁業者側にかかる。特に日本の市場は季節物や縁起物を求める傾向が強く、魚介類の資源量とは無関係な需要が顕著であることが問題である。

ウナギはその一例である。夏季になると全国の大手小売りがキャンペーンを行うことが問題である。コンビニエンスストアの普及もあってその競争は苛烈化しており、販売ノルマを従業員に課しているケースが常態化している。養殖事業者は需要に応えようとすれば資源にも負荷がかかる。資源保護の前に、現在のような販売形態をとっている大手小売りの市場を変化させることが急務であると私は考える。


番組の後半では新潟県のアマエビ(アカエビ)を例に漁獲割り当てや漁期の変更について紹介していたが、これは他の魚介類に通用するものではない。アマエビの漁場は水深100m以上で環境の変化が表層ほどではないために成しえることだからだ。

勝川らは未成魚の漁獲を批判するが、これも日本の市場ゆえにやむを得ない事情が存在する。水産加工品に向いているのは価格の高い成魚ではなく未成魚であるためである。勝川らは繁殖可能な成魚に成長するまで漁獲を停止することを主張してきているが、卸値が数百万のクロマグロの成魚をツナ缶にしたり、イワシの成魚をシラスとして販売する事業者はない。カツオ節も油がのっていない個体の方が良質となり、西日本では脂質の少ない食用魚種が好まれる傾向がある。未成魚の漁獲は不必要な乱獲ではないのだ。未成魚には付加価値があると市場に認めさせ、価格を上げていく必要がある。

諸外国の海洋への進出も要因である。近年のインパクト要因は中国の発展である。中国では北京オリンピックまで発展が続き、海洋資源の利用も劇的に拡大した。
諸外国は日本と違い、燃料も人件費も安く漁獲量を増してきている。一方日本はマンパワーも不足し、燃料価格も高騰してきており、これらは漁獲量の減少の要因となっている。漁獲量の減少が資源量の減少なのか、漁獲努力量の減少なのかは精査が必要なところである。


勝川氏は番組の最後に水産資源を銀行の預金に例え、利息のみを利用するといった発言をしていたが、水産資源量の変動は銀行預金とは違う。環境要因によって大きく変動する株式市場の値動きの方が近く、生物は銀行預金の利息ような堅実な増加をしない。真に水産資源を専門とする方々は信頼性の低いメディアへは出演を敬遠されているということを番組制作者にはご理解いただきたい。

プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。