命を守れない日本警察の警護 - 安倍晋三氏の銃撃について

9日の朝刊を見て唖然とした。銃撃され倒れた安倍晋三氏に一般の人が近づき心マッサージを施している写真が掲載されていたからだ(8日午前11時32分ごろ)。
本来、このような写真が撮影されてはならない。警護要員は何をしていたのか。


ファーストレスポンダーとしての自覚がない警察

すでに多くの批判がなされているが、この写真で警護側の能力不足が露呈した。最悪の事態を想定しておらず、一般の人を巻き込んだのだ。
私の経験上、日本警察の人員は事件、事故の事後処理を優先させているためか、ファーストレスポンダーとしての自覚がないように思う。
要人の警護ならなおさら、事前に最悪の事態を想定し、誰もが救護要員となる教育や訓練をすべきであろう。


銃撃時にすべきこと

発砲音、爆発音を聞いたのであればまずすべきことは姿勢を低くする、させることだ。身辺警護要員がすべきことは反射的に警護対象を退避させることだが、本件についてはそのような行動が確認できない。そもそも、ガードレールで閉鎖された区域は対象を迅速に退避させることができないため、極めて危険な状況である。私はこの事をアイドルイベントの一件で指摘した。要人を机で囲うことは警備上問題があると。

銃撃により負傷者が発生した際には止血も優先される。どのような経緯で心マッサージが行われたか、詳細は不明だが、止血が試みられている様子がない。安部氏の死因は失血とのことだったが、止血が施されていたのならまだ可能性があったのではないか。銃創、切創については喪失部に清潔な繊維をつめ防水性のあるもので血液を留める。ファーストレスポンダーに必要なのは脱脂綿とダクトテープだ。


犯人を複数で取り押さえてどうするのか

報道映像では犯人を複数で取り押さえており、確保直後には周囲5人は関係者がいたように見える。自爆者であったならば被害が拡大するだけだ。組織的犯行であれば第2波が来る。実行犯の確保は必要最低限の人員とし、対象の退避、警護、救護の継続が必要だっただろう。写真のように、警備対象の救護を一般の人に任せきりにする状況はありえない。

スポンサーサイト



安倍晋三を襲った粗悪な銃

安倍晋三氏が銃撃されたとのことだが、映像から犯人は電気着火式の密造銃を使用したとわかった。木材にパイプを水平に配し、下部にバッテリーを配しテープ固定している。発砲煙が白く、多量のことから、気体か黒色火薬を使ったものだろうか。極めて粗悪な密造銃だが、人命を奪うには十分な殺傷力を持つだろう。

Next Genereation Squad Weapon の決定 - Sig Sauer MCX SPEAR と MG6.8

2022年4月19日、米国陸軍が次世代分隊支援火器 Next Genereation Squad Weapon の XM5小銃、XM250支援火器の候補を Sig Sauer 案に決定したと発表した。
M5 と M250 は将来的に現行の M4、M249 を代替する。

ブルパップ型を提案した General Dynamics 案は革新的で英国や豪州等への拡充も考えられたため、個人的にはこの決定を残念に思う。Truevelocity と Lonestarfutureweapons には別の分野での発展を期待する。


Sig 277Fury ハイブリッド弾は射撃時の反動、薬室内、銃身内の圧力が問題となると評されていた。これについては交戦距離の増長から不安はない。さらに共に取得される M157火器管制照準により射撃精度も増すため、結果的に射撃数は激減するだろう。SLX サプレッサー が銃身寿命を延ばすこともトライアルにより実証済みだ。

M5 の装弾数が20発になることも射程と精度の点から不安はない。近年はいかに弾倉交換を迅速に行えるかという訓練を推奨するトレンドがあったが、通常の戦闘においては無駄である。トラブル時は速やかに退避し、味方がカバーすることが最善であり、勢いよく飛んだ弾倉が部隊行動の障害となる。
至近距離においても銃口での打突や拳銃への切り替えで対処すればよい。

射程距離の短さや致死性不足の改善を求めた NGSW は米国陸軍、海兵隊の戦闘行動を多様化させることになるだろう。性能不足の小火器が隊を不必要に危険にさらすことを米国は学んでいる。


ウクライナの義勇兵になる前に - 日本国内で務めを果たせ

18日、ウクライナ側日本人義勇兵の報道がされた。
この人物らの出自についてはある程度知っている。
なぜ所属の責務を果たさず参戦したのか、なぜ安易にマスコミと接触したのかを問いたい。

日本国内でもできることがある

この報道をうけ、ウクライナ入りをしようとする者が現れる可能性がある。

やめろ、一兵卒ごときにどれだけコストがかかるかわかっているのか。
今回の義勇兵は少なくとも2つの国を裏切っている。その潜在的なコストを理解しているのか。

日本国内においてもできることはある。
我々がすべきことはロシアの極東部隊と中国共産党の監視、牽制。ウクライナおよび西側関係国への経済的な支援である。

それらを務めとしている人々はそれを公表することがない。私はそうした人々に敬意を払い支持している。義勇兵志願者はその事を考えよ。

Я поддерживаю Украину. ウクライナを支持する、ロシア兵は生き残れ、プーチンとカディロフツィはくたばれ

私はウクライナを支持する。
本当に微力だが、ありとあらゆる手段を使いあなた方を支援する。

ロシアの精鋭たちは生き残れ。あなた方を欺いた指導部に正義などない。

プーチンとカディロフツィどもはくたばれ。


Я поддерживаю Украину. Я действительно стараюсь изо всех сил, но я буду поддерживать вас во что бы то ни стало. Российские элиты выживают. Нет справедливости в руководстве, которое вас обмануло. Путин и Кадыровцы – это баб.

被害船舶は日鮮海運所有か - ウクライナオデッサ沖、NAMURA QUEEN

25日、ウクライナ、オデッサ沖で民間の2船舶が砲撃されたとの報道。
内1隻はパナマ船籍の NAMURA QUEEN は2020年佐世保重工建造、日鮮海運株式会社所有のばら積み船の可能性。
船尾にロケット弾被弾、火災があり救助活動があったとの報道。

SIG SAUER が MCX Spear を市販予定 - 歓迎できない NGSW 選定中のアナウンス

2022年4月19日追記
Next Genereation Squad Weapon の XM5、XM250 は Sig Sauer 案に決定した。


13日、SIG SAUER が NGSW 選考中の MCX SPEAR の商用展開を発表した。277 SIG FURY 弾、SLX サプレッサーも販売するという。

個人的にはこの発表を歓迎しない。NGSW は現時点で選考段階であり、MCX SPEAR は警察機関や州兵の主力である 5.56mm NATO をしのぐ殺傷力を持つからだ。Truevelocity もポリマー実包の市販を行ったが、これは既存の銃器の性能を極端に上げるものではなかった。
販売数、購入者は絞るのだろうが、購入者はすぐにでも SNS を通じその性能を全世界に広めるだろう。
MCX SPEAR の市販は NGSW 採用を見越しての市場拡大を狙ったものか、不採用に際しての備えなのか。

NGSW-FC は Vortex 製に決定か

7日、米国メディアが米軍次世代分隊火器 NGSW の火器管制機器は Vortex Optics のものに決定したと報じた。Vortex Optics/ShelteredWings は10年で25万基の 1-8×30 Active Reticle Fire Control 照準器を米軍に提供する事になる。
XM157 NGSW-FC は可変倍率、レーザー測距、レーザー照準、弾道計算などこれまで個別のデバイスで行っていた機能を統合、標準化する。
これにより全歩兵が強力なスカウトとなる。より遠方からより正確、致死的な射撃。このコンセプトは我が国の防衛も目指すところであるはずだ。

ウィンチェスターが NGSW 6.8mm 弾薬を製造か

1月3日、Winchester ammunition が米軍次世代分隊火器 Next Generation Suquad Weapon の 6.8mm口径弾薬の製造を受注したとする報じるメディアが表れた。
NGSW の正式な発表はまだないが、Sig Sauer の 6.8 FURY、Truevelocity の 6.8 TVCM のいずれかを Winchester が製造するということだろうか。
Truevelocity は様々な弾薬を改良、製造しており、Winchester が製造を請け負う事には合理性があるが、Sig Sauer は 銃と弾薬を一貫して開発してきており、Winchester がこれを担う事は不自然に思える。

Winchester は昨年末にも 7.62mm の製造を受注しており、米国が小火器の大口径化を推進している事がうかがえる。2022年は現在主力の 5.56mm を再考すべき年となりそうだ。

NGSW 6.8TVCM の優位性 - 欠陥ではないブルパップ小銃

2022年4月19日追記
Next Genereation Squad Weapon の XM5、XM250 は Sig Sauer 案に決定した。


米軍が次世代分隊火器NGSW(Next Generation Squad Weapon) の選定を行っているが、Textron が入札を断念したとするメディアが米国とイタリアで出ている。事実であれば NGSW は SIG SAUER と General Dynamics の2案から選定されることになるが、私は General Dynamics 案に注目している。


欠陥ではないブルパップ

General Dynamics の NGSW、RM277 は機関部が後方に配置されるブルパップと呼ばれる形状だが、ブルパップは廃莢口が射手の頭部に近くなることが問題だとされている。しかし、ブルパップは銃身を延長でき、ガスの排出を前方で行えるため射手へのガスの被爆は AR 系よりも少ない。
近接戦闘等で左右での射撃ができないことを主張する者もいるが、利き手利き目でない方での射撃を強いられる状況はほとんどない。ブルパップの銃も肩当て位置、傾きを工夫すれば排莢の影響は軽減できる。
また、片手である程度保持できるブルパップは近接戦闘やマルチタスクで有利だ。銃線を維持しながら電子機器の操作、対象者を制しながらの射撃などブルパップ型は可能だ。
引き金部の機械的構造を問題とする者もいるが、これはトリガープルのベクトルをを機械的に矯正できるメリットでもある。将来的にはロッドに引き金圧を調整したり、電子回路などのオプションを組み込むことができよう。
ブルパップ小銃の運用は少数派ではない。ブルパップを運用してきた国が HK416 等のAR 系を配備し始めている例もあるが、後継小銃の製造が追い付いていないことが原因であろう。NGSW にブルパップが採用されることになれば、NATO 諸国もそれに追従するだろう。


ポリマー薬莢の優位性

True Velocity が製造するポリマー製の弾薬は、従来金属弾薬よりも30%ほど軽量となるだけでなく、銃身の加熱、銃火が抑制される、排莢が熱を持たないなどのメリットが多い。さらに 6.8 TVCM 弾は銃身を交換することで既存の7.62mmNATO を使用する小火器での発射が可能である。分隊支援火器案の RM277AR は箱型弾倉でベルトリンク式の SIG SAUER 案に火力で明らかに劣るが、銃身を交換した M240 等を配備できるとなると、SIG 案にはメリットがなくなる。General Dynamics の構想は、弾薬数を削減したいペンタゴンの要求に極めてマッチしているように思える。


自衛隊は取り残される

NGSW が実現すれば、自衛隊は危険な状況となるのではないか。中国はNGSW を警戒しているようで、5.8mm 以外の口径を複数運用している。95式を製造したノウハウからすぐにでも新型のブルパップ小銃を開発するであろう。他国もブルパップの運用経験を持つが、自衛隊だけがブルパップ型のノウハウがない。韓国ですら XK8 というブルパップ小銃の開発経験がある。普通科に 7.62mm の運用もなくなっており、有事には5.56mmの 20式ごときでは対処できなくなるだろう。
ACR、OICW、XM8 のように実現しないだろうとは考えるべきではない。陸上自衛隊の次期機関銃に FN MINIMI Mk.3 を採用し一部を 7.62mm 換填を前提に運用調達をすべきだ。オーストラリアとの交流でブルパップ型の小銃のノウハウをえることも必要となろう。
プロフィール

D'z

Author:D'z
D'z(ダイズ、ディズとでも)
危険なこと、汚れることが大好き
サメ野朗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード